ダイブショップ サンライズ

お問い合わせ・お申し込みは0120-222-874

  • 資料請求
  • 	お申し込み
  • トップページ
  • ダイビングを始めよう
  • ダイビングを楽しもう
  • サンライズについて
  • スタッフ紹介
  • 日々のサンライズ

ブログ「日々のサンライズ」

10/14 今年最後の沖ノ島
2018年10月16日

みなさんこんばんわ。

DMのショウです。

10月も中旬になりまして、気温と水温があまり変わらなくなってきました。

そろそろドライスーツの切り替え時期ですね。

体を濡らさず快適にダイビングを楽しめる時期の始まりです。

そして、僕も遂に!

ドライスーツを新調しました!!

レンタルスーツよりボロいと言われたボロボロドライといよいよお別れの時が来ました。

僕がどのドライを選んだかは、またブログでご報告したいと思います。

どんなスーツでも今より快適なのは間違いありません。わくわく。

さて、ブログは日曜日の沖ノ島ボートのこと。

午前7時半ごろ東浜港から沖ノ島へむけて出発。

天気はよかったんですが、まあまあ荒れておりました。

捕れた魚のように寝て過ごす人たち。

小物×1大物×2

2時間半掛けてやってきました。

船酔いする人続出なので急いでエントリー。

そう!今回、沖ノ島中止率100%のはまちゃんがようやく潜ることが出来たんです!

2年越し、念願の沖ノ島。

よかったよかった。

3年ぶりに潜りに来たともちゃんも初沖ノ島でした。

新作のフィンアートがかわいいですね。

残念ながら透明度悪く、

ベストシーズンと比べれれば魚の数も見劣りするけど、群れの規模はやはりデカい。

見えてないだけで本当はもっともっと居たのかもしれないけど。

群れがぶわーーっと入ってくると見とれてしまいます。

岩屋アーチ手前のオーバーハングが僕のお気に入り。

ずっと居たくなる雰囲気があります。

キレイな魚だなーとじっと眺めていたら、実はなんでもないクロホシイシモチの群れでした。

辰ノ口でもそこらじゅうにいるやつね。

シチュエーションで魚の印象も変わるんです。

アーチの中は真っ暗で素通りしがちだけど、

ライトを当てるとまた違った顔を見せてくれます。

光が届かないところにいるのに何でこんなに鮮やかなんでしょうね。

ライト初卸のあかみーは狙い通りの写真が撮れたでしょうか。

これから海のいろんな表情をカメラに収めていってほしいものです。

ワイドレンズをつけるとより沢山の光が入るので、自然光が届く場所だとライトがなくても色が出る。

沖ノ島のキンギョハナダイは見応えあり。

そして沖ノ島といえばハリセンボン。

つぼやんといえば

コイボウミウシ

なんですが、居なかったのでこちらのキカモヨウウミウシに浮気してました。

こっちの方がかわいいです。

あやかちゃんと言えば

ひまつぶしフォトダイバーのはずが・・・

最近卒業したようで、完全にまじめなフォトダイバーになってます。

キンチャクダイとソフトコーラルをキレイに撮影していました。

2本目は遺跡ポイントへ。

沖ノ島に来たからには、ここには潜っておきたいところです。

沈船とか海底遺跡なんかの巨大人工物の中を通ったり上から眺めたり、

水中だからいろんなアプローチが出来る。

水中では制限されることも多いけど、陸上とは違って「重力」の制限から解放される。

これもまたダイビングの醍醐味。

そんなことを考えていると大将さんが飛ぶように通路を通ってきました。

てか、大将さんなんか痩せた!?

少し具合が悪くなっていたからか、珍しくカメラを持っていないからか

一時的にシュッとしておりました。

なんだか別人のようです。

この遺跡ポイント、いろいろ生物がついているのがまた面白いんです。

たっちゃんと小夏丸が仲良さげに色々見つけて撮っておりました。

ミノウミウシ。

初めてみたアデヤカミノウミウシ。

こちらも初めましてのミアミラウミウシ。

女性に人気のパンダホヤ。

正式名称はワライボヤだそうです。

沖ノ島にきたらいつも知らないウミウシに出会いますね。

最後はタカベの群れが入ってきたりして

なんだかんだで楽しいダイビングになりました!!

いぇいいぇい。

帰りはみんなお疲れモード

10月のボート上はさすがに寒い!!

寒さにやられたこなまると

ドライルームで寝てスッキリした店長が対照的に撮られています。

ドライルームから溢れた者たちは

さながら北海の蟹工船労働者のようになっていました。

無となってただただ寒さを耐え忍ぶ。

寒い

くわっ

そんな感じで今年最後の沖ノ島を楽しんできました!!

また来年の沖ノ島に期待です!!

しょう。

8/26 沖ノ島日帰りボートダイビング。
2018年8月28日

こんばんは。 マエダサチコです。

先日日曜日、今年2度目の開催となります

【神宿る島、沖ノ島】への日帰りボートダイビングが無事開催されました。

都会の真ん中、東浜から船で約2時間半60km離れた絶海の孤島なので、

ほんのわずかな風向きの違いで実施できないことが多いのですが、仕方ありません。

急な天候の変化で大海原に投げ出されてはたまったものではありませんからね。

この日も開催も前日までハラハラしていましたが、

船長さんから決行の連絡がきて、ほっとしました。

今回は5人が初めての沖ノ島。

てるちゃんに至っては、

去年から天候に恵まれず3回中止になってますんで、

ワクワクが止まらずに、

4:00起床で山の中からはるばるやってきました。

毎年沖ノ島とダンゴウオだけは外さない女、

都留っ子は、嫁に行ってもそのスタンスは変わりません。

大ちゃんは良い写真を撮る事だけに集中してサマディー。

そうこうしていると見えてきました。

岩肌がかっこよくて勇ましい立派な島でございます。

何度来ても、思わず手を合わせてしまいます。

今回も安全祈願をし、早速海へ。

1本目はソフトコーラルの群生したアーチのあるポイント【岩屋】にエントリー。

一気に水深は30m。

透明度は今年はイマイチで、

スカーーンと抜けず10~15mといったところでしょうか。

それでもいつも潜っている玄界灘とは同じ玄界灘と思えないくらいにきれい。

志賀島っ子は大満足。

メインのアーチ付近にも前回よりも明らかに魚が増えている感じでした。

初めてのボートダイビング、初めての沖ノ島に

バックロールエントリーで怖がり、船酔いでリバースし、

ダイコンとグローブが無い騒動でモタついたせなこんぐも、

海の中では可愛さ満点ではしゃいでおりました。

志賀島や辰ノ口ではこんなに見られないソフトコーラルの群生とキンギョハナダイの群れ。

日本の固有種タカベの群れやタカサゴやアオブダイなどの南方系の魚も前回よりも増えていました。

そして、沖ノ島近海と言えばこの子。

ハリセンボン。

まいちゃんいつもハリセンボンを抱えているイメージが定着しつつありますね。

南方系ウミウシ、シロタエイロウミウシはウミウシファンたちを魅了。

みんなでウミウシ囲んで記念撮影。


一足早く安全停止中のてるちゃんは集合写真に入れなかったてるちゃんは

エアが持つように、色々と試行錯誤中で、次回からフィンを変えてみるようです。

『わたしは真弓と違ってデコは出さないわよ。』と、せなこんぐ。

大潮でしたが流れもなく、大変気持ちのいい海でした。

2本目は水面が波立っている為、メインの【遺跡ポイント】には入れず、

港横の新しいポイントに入ることに。

ここは一番深いところでも水深20m。

砂地に、大きな岩が点在しています。

ここでは、イツメンのウミウシたちを観察し、

その後、1本目のアーチよりも一回り小型のアーチをくぐり抜けます。

ここに群生する紫色のヤギ類がとても綺麗だったのが印象的でした。

アーチを抜けると水深は10mほどで、

差し込む光がまた神秘的で癒されます。

最近もっぱらワイドレンズの大ちゃんも

さぞ素敵な写真が撮れたことでしょう。

しかし、今回は大ちゃんの写真だけで400枚以上あった為、

割愛させて頂きました。。。

ここのポイントでは、イソギンチャクがぎっしり群生した巨大な瀬がいくつもありました。

むちゃくちゃイソギンチャクきれいだったんです。

しかし、これだけイソギンチャクあるのに、

魚少なし。笑

クマノミがもう少し居てくれてもいいのではないかというの正直な感想でございました。

まだちょあっと早いのかな。

まーちゃんも、沖ノ島飛び入り参加できてよかったー!

こなまるも初沖ノ島ばんざーーい!

まいちゃん、初めて感ないけど、

今回も素敵なワイド写真撮れたかな?

ご参加の皆様、ありがとうございました~!

お世話になったコスミックの皆様、

ご一緒したフリージャムさん・マジックアイランドさんもありがとうございましたー!

今回は器材を洗わずに済んだので、快適な時間でした~m(__)m

志賀島組のみなさんも、ありがとうございました♡

8/22 玄界灘へ冒険
2018年8月22日

玄界灘への冒険ダイブは
沖ノ島や小呂島といった
遠く離れた離島だけではありません。

普段潜っている
志賀島や恋の浦の近海の沖合も
未知なる世界なのです。

灯台元暗し

今回は、ジョイントコーポレーション
さんのダイビングボートを貸し切りで
未知なる玄界灘へと繰り出しました。

港は、幼少のころから思い出深い奈多漁港
中学生のころから釣りに来ている
ので、かれこれ25年以上のお付きあいが
ある港です。

そして、ボートは完全なるダイビング専用設計ですので
使いやすさ抜群。

音楽を流したりと、
プライベート感たっぷりで、

船の揺れなさ具合も最高です。

1ダイブ目は、沖の瀬

斜めにロープが入っているので、
水深20mに対し、40m近く
潜っていきます。
瀬には、魚が結構ついていました。

志賀島にいる魚を大きく
多くしたような海で、

水深23mくらいのとこに
ホタテウミヘビもいました。

深場のオトシゴ新鮮です

しかし、バディーのぬなめり以外は
誰もついてきません。

前田チームはみさきんの
AOWのディープ講習で、

しょーちーむは
写真を撮ったりしてたようです。

そして、だいぞうの
D-850で撮影した写真を見てみると、

夜?

ナイト??

NIGHT???

TONIGHT????

昼なのに、夜潜っている感覚を
味わうと、時空がゆがんだように
感じますね。

だいちゃんだけなんかうらやましい

そして、2本目はさらに沖の方へ
移動します。

お千代さんは、千代流(山笠)で、
今年、台あがりを果たし、
見事千代流は1位となりました。

おめでとうございます。

博多っ子の僕としては
そんな方とお知り合いとは
鼻高々な気分です。

今後の更なるご活躍、期待しております。

さて、2本目は、漁礁が沈んでいるポイントへ

いきなり深くて
DECOの関係上あまり長く潜れません。

しかし、こちらは更に魚が群れており
ブリ、イシダイ、アジ、メバルと
玄界灘オールスターズが勢ぞろい

そして、こちらもだいぞうが撮ると
こんな感じに。

夜、電気をつけられた
まぶしそうなぬなめり

昼に潜っているとは
到底思えません

でも、まあこれも、ある意味、
芸術なのかもしれません

金運があがりそうな
金色のオニオコゼと、

金運が下がりそうな
地味色のアカエイをみて、

フィニッシュとなりました。

熱帯魚は少なく、
本物の玄界灘感を味わえる海で、
釣りをする方が潜ると
今後の釣果の伸びに影響すると
思います。

僕としては、なかなか興味深い海でしたので、
まだまだ潜って、どんな生き物が潜んでいるのか
調査したいと思いましたので、
興味のある方はお付き合いください。

そして、港まで、20分くらいなので、
疲れも酔いもないのもいいところです。

GREEEEN党
党首おにいも大満足のご様子でした。

僕より、奈多漁港に馴染みのある
おにいは、地元の海を潜る
「新鮮さ」を誰よりも味わったようです。

よかったよかった

そして、漁港内にある
倉庫を改装して、更衣室、
冷蔵庫(ビール、ジュース)
エアコンも完備し、器材洗い場と
干場も常設されていました。

素晴らしい。

サンライズは天神にあるため
洗い場と干場が狭く、大量の
器材を洗ったり干したりするには
適していませんので、助かります。

そして、ここは「海の家感」も味わえますので、
ダイビングがいつもらしくありません。

ログ付けも、新宮の定食屋で「海の家感」を
味わい、新鮮な気持ちで、おにいのDMと
弟子みさきんのAOWが認定となりました。

おめでとうございます。

楽しいことはあっという間。

楽しい夏の日の一日が
またこうやって、
過ぎていくのでした。

RIO

8/5 2018年初!沖ノ島ダイビング
2018年8月5日

今年初の沖ノ島は、まあまあ風が
ありましたが、なんとか行くことが
できました。
(ちなみに、僕は2年ぶり)

ありがとうございます。
田心姫神様

次回もよろしくお願い致します。

(Hちゃんが参加しなかったことの
方が大きいのかもしれませんが)

ゆめタウン裏の
東浜港
7時30分出港

これから、2時間の船旅

水しぶきをあげながら、
疾走する漁船チャーター船で
沖ノ島に到着

ヒロロイは、沖ノ島の
世界遺産登録をお祝いしておりました。

そして、誰がどう見ても
レンタルウエットでした。

これを見て間違える人は
だいぶ変な人です。
そして、書いた人も。

つぼやん綺麗にエントリー

透明度はいいとこ10m
悪いと8mくらいでしょうか

それでも、ダイナミックな地形に興奮
したまゆコング


シロマスクとハリセンボンの
コンビネーションが素晴らしい

ここは遺跡のポイント

昔、階段だったとされています。

そんな情報を聞いて
一眼をお持ちの方は
黙ってはいません。

しっかり、カメラに収めて
くれました。

猫風に。

猫型に。

なぜ、猫なんでしょうか。

相島と間違えてらっしゃるんでしょうか

びっくりあやかちゃん

マスクが店長とお揃いに
なって、見分けがつかなく
なってしまいました。

見分けるコツは
レギホースの色で
店長は、ピンクです。
そこを真似られたら
いよいよ分かりませんね。

水深20m付近での記念撮影は
どうしても暗くなってしまいます。

DECO出るので、早く撮りたかったのですが、
まゆこんぐがカウントダウン
無視して、息を出すので、
なかなか撮れませんでした。

まゆこんぐは、
RIOザップをしているにも
関わらず、パスタ食べたり、
ビール飲んだり、お菓子食べたり、
ちょっと痩せたことに安心しきって
なめた食生活を送ってますが、
改善や運動習慣を変えない限り
1ヶ月もしないうちに以前よりも
体重が増えるのは、よくあることです。
潜在意識から変えていくのが、
本当のダイエットであり、
一生同じ体型を維持できるのです。
くれぐれもダイエット終わったと
思わないでください。
始まったばかりですので。

話は元に戻して、
最後は、キンギョハナダイと地形を
ゆっくり見ながらエキジット。

流れもなく、泳ぎやすかったです。

2本目は、
トンネルポイントでしたが
こちらは若干透明度が
上がってました。


沖ノ島の面白いのは
アジやイサキといった
温帯の魚とタカサゴや
クマノミ、キンギョハナダイ
といった熱帯の魚が
混合でいるところです。

ソフトコーラルが多いのも
特徴です。

水深30mの岩で、
シロウミウシと
遊んだら、

一気に浅瀬に戻り、

沖ノ島上陸

顔も出してみました。

半上陸という感じでしょうか
釣り人は、男女問わず
磯や堤防に上陸してますので、
このくらいはセーフです。

テンション上がりまくり。

いえーい!

60分潜って浮上というとき、
一人だけダイコンを見ておらず
DECOを出したまゆこんぐ

減圧停止と安全停止で
合わせて5分。

窒素を抜いて上がったようですが、
ダイコンをしっかり
見ることと、使い方を
学んでください。

ファンダイブのガイドは
そこまで管理しませんよ。

今日は怒られデーのまゆこんぐで
ありました。

まあ、怒られてもあまり
応えた様子はありませんけどね。

次回の沖ノ島は
キャンセル待ち状態で、
参加は不可ですのであしからず。

さて、
夏のトップシーズンに入り、
マスク、フィン、ダイコン、
ウエットスーツなどを買い替え
気分新たに快適ダイビングを
行う方が増えております。

ありがとうございます。

サンライズで、購入された
商品は、修理、パーツ取り寄せ、
使い方の説明、使いやすくする方法、
修理の際のレンタル品貸し出しなど
手厚いサービスを行っております。

逆に、他店、ネットショップで
購入された商品に関しまして
修理、交換パーツ取り寄せ
使い方の説明、使いやすくする方法
などは、一切行っておりません。
ですので、わからなくても独学ですね。
(ちなみに、カメラを他店で買ってきたけど
フォト講習を行うという場合は
カメラを使いやすくする方法などは
教えますが、修理等はやりません。
※レギのオーバーホールのみ行っています)

そもそも、そういった修理関係の作業は
時間がかかって、めんどくさい上に、
利益が出ませんので、やればやるほどマイナスです。
(スタッフの勤務時間は無料ではありません)

サンライズで買ってくれた
方への感謝の気持ちで、
お値段以上の対応をしておりますので
まさにプライスレスとなっております。

そして、プロショップが対応してくれる
ことがいいのは、海(現場)での安心感が
違うからです。

なぜなら、どんな器材も「ちょっとしたこと」で
調子が悪くなりがちだからです。

その場ですぐに直るものでも、
自身で直せないとなると、
レンタル代を払って潜り、
その後、自分でメーカーや代理店に
問い合わせて修理に出すのは
めんどくさいを通り越し、更には
時間もお金も損をする可能性が
高くなります。

ネットショップ全盛の時代に
ネットで買うなとは言いませんが
ダイビング器材において、
ネットとリアルの差が確実に
あるのも事実です。

その辺も考慮しつつ、ご自身で
責任を負えるものだけを
購入、(または譲渡)
使用するのが賢い選択肢
だと思います。

そして、僕は以前より、幾分高くても、
プロショップで買うことをお勧めしています。

いくらでもわがまま聞いてくれる
プロショップのサービスはネットショップ
ではあり得ませんし、器材を個々の体格
や趣味に合わせてアレンジして使いやすく
してくれるのは、プロショップならではです。
もし、全て対応してくれるAIが登場しても
現場では無理でしょうから、当分は
プロショップに軍配が上がると思いますよ。

まあ、22世紀になったらわかりませんけどね。

RIO

7/1 玄界灘近海フォトダイブ!
2018年7月1日

みなさんこんにちわ。

DMのショウです。

昨日までのどんよりとした天気とはうって変わって晴々とした今日。

カメラ好きたちとボートに乗ってフォトダイビングに行ってきました!!

初めて乗る船だったのですが、

新艇でとても綺麗

スペースも広々していてとっても快適

奈多漁港から出る事30分くらいでポイントに到着。

今回は、玄界灘近海で遊んできました!!

ジャイアントストライドでエントリーできるのは楽ちんですね。

ぴょーーーん。

初めてボートダイビングするにはもってこい。

初めてのボートダイビングだった小夏丸も余裕をもって潜れましたね。

おニューのスーツが光ってます。

深いところでもぼんやり光ってみんなの目印になってました。

中に入るといきなりいいサイズのカンパチが周りをぐるぐる。

魚影の濃さに興奮を隠しきれないアカミー

いつも玄界灘には潜っているけれど、

ちょっとボートで沖に出ると見れる景色が変わってきますね。

入って早々ワイドに目を奪われましたが、マクロもたくさんおりました。

今日のボートは、フォトダイバー限定で行ってきたフォトダイブ。

バディダイブ形式でゆっくりフォトを楽しめたのが良かったです。

周りに気兼ねせずじっくり腰を据えて撮れるのが良いんですよね。

設定や構図をじっくり試すことが出来ました。

買ったばかりのTG-5でフォト講習だった小夏丸

カメラ始めたばっかりでもこんな綺麗な写真が撮れるんです。


TG-5恐るべし。

いや、小夏丸のポテンシャル恐るべし。

他にもワイドレンズをレンタルで使ってみたり

虫の目レンズでワイドマクロ風に撮ってみたりと

じっっくりフォトダイブ出来て大満足!

最近、虫の目レンズで撮った写真が面白くて気になっています。

レンズ自体が安価なのと、軽量なのが特に魅力。

コンバットとてるちゃんが持っているので気になる方は使用感を聞いてみてくださいね。

帰ってきたら小夏丸の誕生日をみんなでお祝い。

22歳になりました。

おめでとう~~~~!!!

今年の抱負は、沢山潜ることだそうなので、

いつも笑顔が素敵な小夏丸に会いに来てくださいね。

そんな感じで今日も楽しく潜ってきました。

お待たせしてます伊江島ツアーブログですが、休み明けには上げられそうなのでもうしばらくお待ちください。

それではまた。

Page 1 of 41234

月別記事一覧

新着記事一覧

カテゴリ一覧