ダイブショップ サンライズ

お問い合わせ・お申し込みは0120-222-874

  • 資料請求
  • 	お申し込み
  • トップページ
  • ダイビングを始めよう
  • ダイビングを楽しもう
  • サンライズについて
  • スタッフ紹介
  • 日々のサンライズ

ブログ「日々のサンライズ」

5/4 青海島の裏側の湾で浮遊系生物狙い
2018年5月6日

今日は、沖ノ島視察ダイブの予定でしたが、
荒天により、中止であることを
2日前に告げられました。

世の中にはジンクスというものは
存在しますので、○○さんが来ると
毎回中止になったりするのですが、

そう、はまちゃんが来ると、
沖ノ島は中止になります

なにを隠そう、はまちゃん沖ノ島
5連敗中

記録更新中でございます。

どこまで伸ばすことができるのか

そして、なぜそんなに行けないのか

宗像に住んでいたのに、
なぜ、三女神に嫌われているのか
(好かれているのかもしれませんが)

はまちゃんが沖ノ島で潜れる日は
何かが起こりそうです

そして、そこがはまちゃんの人生の分岐点なのかも
しれません。

僕のジャーナリズムがとまりません。
更なる調査と観察を続けたいと思います。

それはさておき、
GWど真ん中、5月4日はサンライズ初
「浮遊系生物」を狙うダイビングを
するべく、青海島に行ってきました

青海島といえば、緑の洞窟、水中トンネルですが、
この時期だけ、キアンコウの幼魚といった
不思議な生物に出会えるのです。

そして、湾奥のポイントに出現します。

ちょうどこの日は、外側のいつもの
ポイントが荒れて、ここしか潜れませんでしたので
集中することができました。

情報を探ろうと地元のショップに
聞き込み調査をしましたが、
あまりそういったことをご存じない
様子でしたので、手探りで見つけること
になりました。

ガイドはこのメンバーの中で唯一
この場所で潜ったことがあるざっきー

浮遊系生物は水面付近の
赤潮についているのですが、
なにせ透明度が良かったので
とりあえず、一回深場まで
潜ることに

ちょっと行くと
急に深くなっており、(水深15m)
ホタテウミヘビが泳いでいました。

砂中には一回も入りませんでした。

更に沖に行くと水深20m
砂泥になっており、巨大
マンリョウウミウシに会えました


18センチくらい

卵産んでるやつもいました

どんどん増えそうです

泳ぐウミウシ
ヒカリウミウシ

まあまあでかいのが
いたるところにいました

こういう砂地は
写真に集中できる環境

志賀島でも見れるウミウシが
多数存在しました


量が多く、
一同に見れるので新鮮です

砂地ではイソギンチャクが
何気に綺麗

全部巨大サイズ

自由気ままなサンライズの
人たちは、ガイドのざっきーと
はぐれたり合流したりしながら、
浮上

赤潮は全くなかったのですが
唯一何かいそうな堤防際の
ゴミが溜まっている場所をチェック

みんなでくまなく探しましたが
コッパグロ(メジナの子)しかいませんでした。


たっちゃんは、最後まで粘りましたが
不発

2本目も、浮遊系がいそうな
場所からエントリー

しつこく探すのが、生き物を見つけるコツです

透明度がいい海では、群れが映えます

オトシゴがいました。

オトシゴはずっと見ていられるくらい
好きな魚です


顔がかわいいですよね。

更に深くいくと、幻想的な
ロープ

ゲンロクダイや

コブダイ(カンダイ)

そして、アカクラゲの傘の上に
何か浮遊系らしきものが
乗っていましたが、それが
何なのかはわかりませんでした

動くし、小さいので
写真は難しい

初のポイントでの、初の試みは
失敗に終わりましたが、
次回につながるダイブでした。

この広い湾の中には必ずいると思いますので
赤潮と共に巡ってくるチャンスを
もう一度狙いたいと思います。
あと、1か月程度は見れると思いますので。

湾の中は水温が低かったので、
帰り道、湯本温泉で暖まります

ものすごい観光客の数で
地元の人も驚いていました。

どんなに人が来る繁忙期でも
この温泉は200円で入れます。

最後に、ジョイフルでログをつけて
ささしょうは、岡山へ
はらちゃんは、福岡へ
マイカーで帰っていきました。

そして、僕らも福岡へと
帰ったのでありました。

5月5日は無制限ダイブの予定でしたので、
飲みには行かずにすぐ就寝

人間は、6時間横になっていれば、
肝臓の働きが、体の疲労より勝り、体は回復し
目をつぶっていれば、頭の疲れも回復するように
なっています。

僕はこの日、一瞬で意識を失い、7時間は寝たので
完璧な状態で、無制限ダイブに臨んだはずですが、
次の日の朝に会ったしょーくんや店長には
「疲れの色が見える」と言われました。

自分の体力の限界を探りたいのも、
僕がこの仕事を続けている理由なのかもしれません

その体力の限界に挑戦した様子は
また休み明けにでも、
書いていきたいと思います。

お楽しみに

RIO

8/19 ハイエースおにいと青海島
2017年8月20日

みなさんこんばんわ

DMのしょーです。

中島さんが19日の志賀島のことを書いてくれたので

その日青海島にいった僕たちのことを書こうと思います。

最近、毎日海に行ってるし二手に分かれて別の海に潜ったりしてるので、

どんどんアップしていかないと、追いつかないのです。

さて、この日は僕とネモヤンの引率で山口県青海島へ

みなさん思い思いのかわいいポーズをとってくれました。

そしては天気最高。海は凪。

水温27度、透明度GOODで最高のコンディションでした。

魚の数は少なかったけど、あちこちにソラスズメダイの群れがいて綺麗かった~~~

小さなアカエイがうろちょろしていたのも印象的でした

透明度がいいと地形もばっちり堪能できて、ゆっくり泳ぐだけで気持ちがいい

うっちーの好きなダイビングだったようでご満悦の様子。

そんな感じでゆっくり泳いでいるとのタツノオトシゴがおりました。

まだ小さい個体で非常に可愛かった。

ネモヤンはそのころ講習してましたな

前日から青海島に前入りしていた峯さんと峰さん

あっという間に講習をおわらして残りはファンダイブ。

一部のマクロ好き、もといウミウシマニアのためにウミウシを探しておりましたが

この日はとにかくウミウシが少なかった。

60分潜って見たのはナベさんが見つけたメリべウミウシだけ。

シロウミウシもアオウミウシも全然いなかった。

2本目は洞窟へ

どうくつの中はいつ来てもクリアな感じ

水底が砂じゃなくて粒の大きな砂利だからかな

一人洞窟の中で待っていても誰も来ない

なにをしているかと思ったら

みんなウミウシを見ておりました

1本目はあれだけ探しても1匹しかいなかったウミウシが

なぜか洞窟の入り口と洞窟内に密集してました。

この子はシロウミウシに比べて全体的に色が薄い

ウスイロウミウシ

久々見たリュウモンイロウミウシはきれいでしたな。

洞窟内だけで10種類くらいのウミウシがいたけど

洞窟を離れると

またウミウシがいなくなりました。

以前から洞窟にはウミウシが多いと思ってましたが、ここまでハッキリした差が出るなんて不思議。

うねりの当たらない所に集まっているのかな。

前日まではかなりうねっていたらしい。

帰りに新しくやってきた「ハイエースおにい」と記念撮影

この日がデビュー戦でした。

運転もしやすいし、内装もめちゃくちゃ綺麗なのでみんな早く乗ってみてねーーー

7/29 真夏の青海島
2017年7月30日

みなさんおはようございます!!

DMのしょーです。

今日は待ちに待った海の家で遊ぼうの日!!!

一日中遊ぶ予定なので朝のうちにブログを上げておこうかと思います。
 
 
 

今日のブログは昨日行ってきた青海島のこと!!

約一か月前に行ってきた時と比べて、多くの海水浴客で賑わっておりました

BBQの香ばしい匂いを嗅ぎながら海の中へ。

水温は28度近く。

青海島ってほんと寒いイメージしかなかったのに、今年はいったいどうしたのか。

サンライズ古参のササショウ君、今日も岡山からももちゃんを連れてやってきてくれた。

そして大将さんと4年ぶりに再会。

大将さんは2年ぶりの青海島に下ろし立てのM1-MkⅡを引っ提げてやってきた

そのバディのはまちゃんも新しく手に入れたTG-5で初青海島。

はまちゃんが初青海島ってのが意外でした。

本当は来たことがあるけど、忘れてる説がありましたがどうなんでしょう笑

浅いところにはイシダイの幼魚が群れておりました。

幼魚のうちは非常に好奇心旺盛でダイバーについて回ったり、つついてきたりしてむちゃくちゃ可愛いんです。

ひろしさんや皆のところには普通に寄ってきていたけど、

なぜかみなたんに異常にまとわりついて、

中島さんには一匹も近寄らなかったのが面白かった。
 
人を選ぶイシダイに傷つく中島さん。かわいそ。

青海島といったら、「トンネル」と「どうくつ」

毎回行っても飽きない面白さがあるのだけど、ポイントまで遠いのがネック。

今日も60分オーバー×2の泳ぎ通しロングダイブ

ササショウ君のサポートのもと、ももちゃんも楽しみながらしっかり付いきてくれました。

ウミウシが沢山見れる青海島

今日はこのジボガウミウシがたくさんおりましたな。

僕は初めて見たのですが、佐渡島じゃあ志賀島でいうユビウミウシ並みに見られるそう。

綺麗なヒメギンポも居たり

イワシの大群が入ってきたりして、地形だけじゃなく生物いっぱいの海を堪能してきましたーーー
 

そして今日のみやもんさん。

潜った後になんか違和感あるなと思ったら

誰かさんのウェットを自分のだと思い込んでいたようです。

そんな感じで笑がいっぱいの楽しい一日になりました。
 
 

今日のダイビングですが、「?????」選手権大会が開かれるようです。

どんなルールで、どのチームが優勝するのかな~~。

その後の海の家も楽しみですな~~~。

その様子は後日ブログでお伝えしますよ~~~。

ヌルフフフフ。

7/2 一年ぶりの青海島
2017年7月2日

みなさんこんばんわ。

今日もブログを真夜中更新。

そう!

今日は一年ぶりに山口県、北長門海岸国定公園の青海島に潜ってきましたよーー

RINAZOと屈強な男たち

いったい何の集団なんだ。

海に入ってみると、昨日の辰ノ口に続き透明度10m近く見えてた

しかも予想に反して水温23度くらいあって超快適。

青海島と言ったらやっぱり地形。

沖まで泳いでいったら、かなりダイナミックな地形が続きます。

人が一人通れるくらいの通称トンネル。

こんな地形がビーチから入って味わえるとこなんてなかなかない。

そして極めつけは洞窟探検。

何度来てもここは面白い

水面から顔を出せるのもここの面白いところ

しかも生物もいろいろ居て、

ちびっこコウイカがとこどころにいたり

志賀島ではあまり見かけないウミウシも盛りだくさん

こちらはムカデミノウミウシ

オトヒメウミウシや

リュウモンイロウミウシもちらほらいたりして

いままで見たことないウミウシ興奮したナベさんは常にロスト気味。

青海島は海藻が沢山あるので、ウミウシの宝庫なのだ。

あとミノカサゴも多くいるね。

この子は若い個体で胸鰭がきれー

こんなへんてこりんな生物にも出会いました。

この子はムスメウシノシタかな。

ぬるぬる動いておりました。

フォトダイバーたちも大満足でしたね。

真っ白つぼやん、どこにいっても目立ってました。

最後は水中七夕で集合写真。

僕は2年ぶりだったけど、やっぱり青海島おもしろかった~~。

地形と生物、両方合わさっている海は最高ですな。

天気も良かったので、ダイビングあとは角島に寄り道。

帰り道で晩御飯食べてプチ打ちあげ。

そんな感じで一日中遊んできて天神帰着が22時半。

満喫してきたな~~。

皆さん楽しい時間をありがとうございましたーー!

今度の青海島は7月29日、

次回はわたくしショーがみんなを連れていきますよ!!

今度もがっつりあそんできまーす。

今季最後の青海島
2016年9月7日

さわでぃーかっぷ

RIOかっぷ

最近、クロ(メジナ)釣りに夢中で毎週のように
釣りにいっていますが、暑い時期はチヌばかりです

クロはマキエを撒いても出てきません

チヌでもいいんですが、やっぱクロのあのかわいい顏が見たい

そのうち尾長グロ(クロメジナ)も釣ってみたい

今日、海終わって、ふらっと釣り具屋さんに寄ったら
DAIWAトーナメント磯っていう竿を発見
お値段9万円
そんで、ダイワのカタログ見たら磯グッズの最高峰は全てトーナメントなんとかって
いう名前ついてることに気がついた

例えば、トーナメント磯2500SH-LBD (リール)
トーナメントバリアテックサイバーフロート(救命具)
トーナメントロッドケース(竿入れ)
トーナメントキーパーバッカン(持ち運びイケス)
トーナメントフィッシングシューズ
など、全てのものがそう

そげーんトーナメント推しせんでもよかろうもん

トーナメント出らん人は使ったいかんような商品名やん

ていうか、トーナメント出らんでもクロ釣り楽しかばい

でも、そげん言うならトーナメント出てみろうかということで

DAIWAグレマスターズ2016に出場するぜ!

今年の2016年11月12日
平戸、宮之浦大会に出ることにしました

対象魚
・ ウキ使用のフカセ釣りのグレ(メジナ/クロ)

競技方法
・ 定められた場所で、規定時間内に釣り上げた全長寸25cm以上のグレ5尾までの総重量 で
順位を決定します。(同重量の場合は検量内の1尾の重量で決定します。
1尾の重量も 同じ場合は1尾の最大長寸で決定します)

表彰
・ 1位から3位までの選手を表彰します。
・ ジュニア賞(18才未満)、レディース賞(女性)、シニア賞(65歳以上)には賞品があります。
・ 上位入賞者への副賞はありません

規定抜粋
・ 使用するリール・ロッドのメーカー名は問いません。
・ 競技時間は原則として6時間。
・ 使用するロッドは1本。但し、予備竿は認めます。
・ ウキ使用のフカセ釣りに限ります。
・ ハリは1本バリとします。
・ 生きエサの使用禁止。(ツケエもコマセも同様)
・ 代理出場はできません。

ブロック大会出場権
・ 各会場ともに実際の参加人数の上位7%(単位は切上)の選手がブロック大会出場権を 獲得します。
(但し、使用する渡船や組分けにより比率計算よりも増員になる場合もあります)
(ブロック大会の参加費は無料です。交通費・宿泊費・食事代などは各自ご負担願います)

大会プレゼント
参加選手全員の方に『オリジナルキャップ』と『マスターズ特製サンシェード』をプレゼントいたします。
地区大会終了後にはお楽しみ抽選会があります。

もし、負けてもこれもらえるけんよかね

応援しに来たい方は、平戸へGO!

決勝大会の様子は「THE・FISHING」で放映されるけんね

初出場、初優勝したら快挙やん

DAIWAフィールドテスターになってしまう

楽しみ、楽しみ。

話が大幅にずれてしまった

そうそう

青海島にいってきた様子ね

みんなでいってきました

青海島が初の人が数人いたね

ここは完全な地形のポイントというわけではないけど、
地形が有名

そのほかに有名なのはオトシゴ、ウミウシ系、春はダンゴウオ、
志賀島と一緒やんって思ったでしょ
一緒なのよ

なので、地形をお楽しみください

どうですか

幻想的な洞窟を堪能できます

きれいかでしょ

写真はないけど
あとは、水中トンネルね

岩と岩の切れ目なんだけど、これもまあまあ面白い

あとは、じーあー

のみかさご

これが多いので、接触注意

ふーみんはこれが大好き

撮りまくりまクリスティー

2本目の砂漠にはこんなエイもおったばい

フラットフィッシュもおった

バリエーションに富んどろうが~

おもしろかけんね

今年いけてない人は、来年こんね

この日はコンバットが45分遅刻して、車の中で
おろおろろろろろろろ

ウコンの力をビニール袋にぶちまけておった

飲み過ぎの寝坊助

二日酔いのせいか、寒けでおろろろろろろ
水中でも色んなものを撒いてました

そんな寝坊助のせいで遅くなったけど、
てるちゃんの思い出の地にいってきました

角島

角島の入り口にある長門リゾートホテルに
ねもやんとてるちゃんの思い出が詰まっているらしい

嫌な思い出はこの日に塗り替えて、上書きしたので
ALLOK!!

さてと、それではグレ釣り勉強しよ

メジナは関西ではグレって言うよ

グレ釣りはルアー釣りみたいに簡単ではないから
とにかく勉強だ

ではまた

RIO

Page 1 of 41234

月別記事一覧

新着記事一覧

カテゴリ一覧