ダイブショップ サンライズ

お問い合わせ・お申し込みは0120-222-874

  • 資料請求
  • 	お申し込み
  • トップページ
  • ダイビングを始めよう
  • ダイビングを楽しもう
  • ダイビングを体験しよう
  • スタッフ紹介
  • 日々のサンライズ

ブログ「日々のサンライズ」

8/12 プール講習2回転の日
2017年8月13日

仕事仕事で遊べません

僕は、多様的な遊びを好みますので
多くの時間と体力を必要としますゆえ
優先順位的にも季節的にもダイビングのお仕事
がメインになっています

いつも遊んでいるようなものだと
思われていますが、ダイビングのお仕事は
一部仕事で、一部が遊びという、二種混合
ですので全てが遊びにはなりません

そして、遊びは人生にとってなくてはならないものですが
幸福度には収入も大事です

ノーベル科学賞を受賞したプリンストン大学の
心理学者、ダニエル・カーネマン教授が研究した
「感情的幸福」は年収7万5000ドル(900万円)
までは収入に比例して増えますが、それを超えると
比例しなくなることがわかっています

ですので、年収900万円を目指すことがまずは現代的バランスを
取るにあたり大事なのでしょう

また多くの人は、精神的な部分を精神的に解決しようとしたり
肉体的な部分を肉体的に解決しようとしますが、
大抵の場合は解決にいたりません
(カウンセラーの僕がいうのもなんですが)

全ての物事は多面的であり、幅広い視点から見ることが
不可欠です

ですから、心が病んだときに応援ソングを聞いても
抜本的な解決にはなりません

むしろ、食生活を見直し、腸内細菌のバランスを
整え、自分の体質にあった運動をする方が
驚異的な効果を発揮することがあります

幸福度のバロメーターは「セロトニン」ですから

そういった、制作実費がかからないエセ心理学を応用した
マーケティングには注意していきたいものですね

さて、昨日は朝8時から素潜り基礎コースに
珍しく男子3人とプールにいってきました

水温31℃、室温35℃では
ウエットは必要ありませんでしたね

夏休みの子供が寝ているようです

夏休みの子供の息止め合戦

夏休みの子供の素潜り競争

夏休みの子供の素潜り練習

夏休みの子供のバブルリング

夏休みの子供の我慢大会

夏休みの子供のスキューバチャレンジ

3人とも子供のように素潜りを楽しんで
いらっしゃいましたので、これからも
続けてもらいたいと思います

今がベストシーズンの素潜り基礎コース
是非ご参加ください

そして、一度天神に戻り、3人を降ろしたら、
薬院のアジアン料理屋でランチを食べて
プールに舞い戻ってきました

老若男女の講習生と共に
第2ラウンド突入

仲良さげ

今度はウエットを着ます

ずいぶん、派手にペイントされてますよね

水中で目立ちますから、夏の海でも
サンライズの講習生だとすぐにわかりますが
陸上ではちょっと気恥ずかしいかもしれませんね

そんなペインティングウエットを着て、
まっちゃんも楽しんでます

「サンライズレンタル男」って
男しか着ないでしょ
これ

カップルでお越しのしゅうへいくんとみなみちゃん

どうやらお二人は僕のことを
娯楽大麻を嗜んでいる男だと
思っていらっしゃったようですが
一切やっておりませんよ
ヘンプフードやCBDオイルには興味ありますが
THCには興味はありません
僕は普段から別の世界に行ってしまった
変人だと思われているのですね

まあ、高濃度窒素はいつでも吸いたいと
思ってはいますが・・

みのださんは耳抜きにかなり苦戦していましたが
器材や水には慣れたようで

みんなと楽しく講習をしていました

プールの主な目的は
「水」と「器材」に慣れること

そして、海での講習は
「海」と「ストレス」に慣れること

そういった段階を踏むことで
徐々に余裕をもって
ダイビングで遊べるようになり
ひいては人生の糧へとつながっていきます

そして、
体験ダイビングをされる方で多いのが
ダイビングをすべて楽しみたいという
「欲張りさん」

体験ダイビングはダイビングの
2割楽しめれば大満足なコースなのですが
5割~10割をお求めの方が
いらっしゃるわけです

全てのものごとに言えますが
それなりの時間とコストをかけない方は
それなりの体験しか得られません

「はまって」からではないと
見ることができない新しい世界がありますので
面白いと思ったもの全てに、「はまって」みることは
人生においてとても大事なのは、諸所申し上げて
いる次第です

そういえば、
11日に硫黄島沖でダイビング事故がありました
ニュース

女性ダイバーの方がお亡くなりになったようで
同じダイビングをするものとして心が痛みます

安全なスポーツとはいえ、安全ではない海で潜っている
わけですから、誰しも事故にあう可能性はありますから
他人事ではありません

また、夏季のダイビングシーンは、ブランクがある方が
潜り出す時期ですので、その辺も注意しないと
いけません

サンライズでは、
プロという称号をお持ちの方でも、経験本数問わず
ブランクがある場合は、全員ビギナー扱いにしています

僕ですら、1週間潜ってなかったら、
感覚を取り戻すのに少し時間かかりますから

月に数本潜ることは万が一に
備えることでとても大事なのです

それができない方は
体験ダイビングもしくは
リフレッシュコースがベストな選択肢のように
思います

RIO

8/1 プール講習
2017年8月2日

おはようございます

今日はなぜ朝から投稿なのかというと
「グリーン軍団チャーターボート遊びの日」
だからです
(この下には昨日の夜中に書いた投稿もあります)

毎年夏になると「サンライズスタッフ×グリーン軍団」で
遊ぶのですが、それが今日なのです

ですので、昨日のプール講習の様子をアップしておきます

昨日の講習生は
かなえちゃんとみことくん

2人とも明るくて、きさくな
いいやつらです

サンライズダイブならぬ
サンセットダイブ

夕日が後ろから差し込んでいました

名前を改名しなさいという
お告げのような気がしてきました

サンセットもあっという間に終わり
マスクの曇り止めをする2人

あたりが暗くなり始めると
元気がなくなる男がいました

やっぱりサンライズにしておいた方が
いいのかもしれません

逆に元気になる女もいました

ていうか、すっぴんをアップで撮って喜ぶのは
変態らしいです

変態というより、性格の問題のような気もしますが
それも含めて変態なのかもしれません

水中になると元気なみことくん

クールガイも幼少に戻ります

水中だとすっぴんが気にならないかなえちゃん

すっぴんもかわいいよ

潜行したり、

フィンピボットしたり

シリンダーつけ直したり

3時間がっつり
3人で仲良く講習して
22時に終えました

かなえちゃんは、学科では45分で集中力切れて
手遊びしてましたが、プールは最後まで
持ちました。海では楽勝でしょう

みことくんは終始楽しそうに遊んでいました
次回は生物を遊びましょう

海が楽しみですね
がんばってください

さて、そろそろいってきますね

ではまた

本日はお店、終始閉まっていますので
ご注意くださいね

RIO

7/27 OWプール講習
2017年7月27日

最近は、1日ダブル投稿多くなってきましたね

それくらい毎日、海にプールに繰り出しているわけですが、
疲れも当然溜まってきます。

楽しいけど、疲れる
しかし、疲れると楽しくなくなる・・・

そうなると、みなさんにも悪影響を及ぼしますので
海に行かない日を設けるようにしています
その代わり事務仕事するため、別のジャンルのストレスを貯めるので
それを発散するため、海に繰り出すを繰り返すのが夏の定番スタイルです

そんな、今日はプールに行ってきました

まゆみんと2人で癒し系講習のはじまりはじまり

癒し系女子の笑顔は夏の
疲れには秘薬なのです

僕はなるだけ大きな声を出さないように
講習するのは声が枯れないようにするため
なのですが、
プール同時間に他ショップの方がおられると、
みなさん元気いっぱいなため、声が大きいので
僕の声がかき消されてしまいます

そんな小さな声を聞きわけBCを着るまゆみん

水が大好きな彼女は深いところに
早く行きたいようで、どんどん潜っていきます

足のつりを治す練習

BC脱着

ホバリング

結構、時間いっぱいまで講習しましたが
まゆみんはまだまだ物足りないようなご様子

大抵、講習最後は疲れて帰りたいオーラ出す
方が多いのですが、まゆみんは帰りたくないオーラと
プラスのオーラで楽しく講習を終えることができました

ありがとうございます

やはり、人のオーラである「気」はとても
大事で人に接する仕事していると、とても
感じやすくなってきます

「気」が乱れている方と接すると
相当に疲れてしまうので、そんな1日は
復活に時間がかかります

楽しい1日を作るためにも、
お互いいい状態で過ごしたいものですね

さて、明日は素潜りプール講習です

ちなみに、今日は夜学科を行ったので
声が枯れ気味

明日に備えておしゃべりはおしまい

では明日

RIO

プール講習の様子。
2017年7月11日

こんばんは。マエダサチコです。

今日から連日海の予定が、お客様の都合で中止になり、、

一日事務仕事をしております。

ブログは週末とさっき終わったプール講習のこと。

土曜日は現役佐世保っ子竜太さんと、佐世保出身の上田さん。

猟奇的な事件が多い佐世保だけど、
サンライズに来る佐世保っ子は優しい人ばかり。

2人とも上手にこなせて海洋講習に備えました。

日曜日は大阪から峯さんと、久留米から峰さん。

意外と福岡の人が少ないサンライズ。

コテコテの大阪弁と博多弁と久留米弁が飛び交うプール。

2人仲良く上手にスキルも終えました。

そして、先程帰ってきたのは
先日体験ダイビングを受けてくれた安さん。

RIOさんと同じでタイへの愛がすごい彼。

タイは気候も文化も治安も良くて物価も安くて、海もきれいで、街も明るい。

その上、人がとにかく優しい。

なので、一度タイに行くとタイが好きになる人が多くて、

タイ人と話したいのでタイ語を勉強する人も多いんだそう。

安さんもそんなタイの魅力にすっかりはまってしまって、いつかはタイで生活したいから現在はタイ語も勉強中なんだとか。

タイでのんびり過ごせる日が待ち遠しいですね。

ダイビングもうんと楽しいんでくださいね。

明日から毎日海ですので、毎日の海のBLOGもお楽しみに。

では、また明日。

サンライズのメールマガジンも登録お願い致します♪
☟☟☟
☆サンライズメールマガジン☆

6/10 POOL講習
2017年6月15日

こんにちは。

プール講習の様子です。
同い年の、るかわさんとマンツーマンで貸し切り講習

スマートに淡々とスキルをこなすので、少し難しめ設定

色々やりましたが、

あっという間に終わってしまいました

OWの講習って、どこまで上手くなったらOKなのかの
講習基準はあるものの、その基準はインストラクター
個人個人の考え方で変わっていきます

実は、明確な線引きはあまりありません

例えば、「ホバリング」では、何十秒できたらOKという
講習基準がありますが、荒れて、寒くて、濁ってる海でやるのか
穏やかで透明度がよく、気分が落ち着いた状態でやるのかでは
初心者のスキルに差が出てくるのは当然です

一から完璧なOWダイバーを育てようと思うのであれば、
日本をメインで潜るのを前提にすると、春、夏、秋、冬を
季節ごとに5本づつ、「20本」は、潜るのが理想的だと思います

しかし、「1本」潜って認定してもいいくらい、完璧にできる人も
世の中にはいるわけですから、もっとフレキシブルにお客様のスキルや
お店の方針などに合わせて、「講習基準」を変えていけるようにしてくれたら
商売もやりやすいし、お客様にとってもありがたいのです。

しかしそれでは、指導団体は食っていけなくなる可能性が出てきますから
「既得権益」を守るために、「日本式システム」になぞらい
上の言うことは絶対だから逆らうな、あとは下のものたちで
協力しあってなんとかしろ、という風潮を作り上げています

僕はそういう風潮がとても苦手なので、3年くらい前に
「PADIダイブセンター」からは外れましたが、結局、PADIを
利用して商売をしているわけですから、どこかで妥協点が必要です

毎回、20ダイブではコストもかかりすぎるし、1ダイブでは基準
違反にもなりますので、サンライズのOW講習は6ダイブで、通常より2ダイブ多く
潜るようにしています
(上手な人や時間がない人には4ダイブでも対応しています)

そして、潜る回数ですが、「完璧にできる人」でも何度も潜った方が
より安全なダイバーに慣れるのは確かです

1日のうちに4回、潮の満ち引きがあるように、
2ダイブ潜るにしても、1ダイブ目と2ダイブ目では
海の中は変わっています

透明度、水温、魚の数、流れ、同じように見えても刻々と変化していく
海に合わせ、人間は「無意識」にあらゆる知恵を働かせるように
なっていき、あらゆることに対応できる力が身についてきます

まさにそれが「生きる力」とつながっていくわけですが、
現代人は、快適に慣らされすぎて、「生きる本能」が薄れて
いっているように思います

海に潜りたくなるのは、昔人間が「水棲生物」だった頃の
本能を呼び覚ましているのかもしれませんよね

さて、今日は辰ノ口組とオフィス組(RIOのみ)なのですが
明日、明後日は志賀島です

しっかり日に浴びてこよう

RIO

Page 1 of 23123451020...Last »

月別記事一覧

新着記事一覧

カテゴリ一覧