ダイブショップ サンライズ

お問い合わせ・お申し込みは0120-222-874

  • 資料請求
  • 	お申し込み
  • トップページ
  • ダイビングを始めよう
  • ダイビングを楽しもう
  • ダイビングを体験しよう
  • スタッフ紹介
  • 日々のサンライズ

ブログ「日々のサンライズ」

年末年始の石垣島ツアーvol.5 観光編
2016年1月17日

こんばんみ

さっき、初潜りから帰ってきたよ

きれいだった

雨降ったけどね

というわけで、
今日でいよいよ石垣島ツアーブログ最後

はりきっていこう

この日完全に二日酔いの僕

そんなの関係ね~とばかりに
石垣観光の王道を攻めようと
向かったのは、ちょっちゅね~おじさん記念館

この人すごいんだね

13度も防衛してる

なんも無かった時代の石垣島から出てきた
スーパーヒーローだったんだろうな

せっかくなんで、たたいてみる

サンドバッグって硬いね~

「そりゃそうさ 砂だもん」

「あたりまえでしょ」

せっかくなんで、記念撮影

観光のメインイベント記念撮影完遂

どんどんいってみよう
次は鍾乳洞

離島に多い鍾乳洞

降りていくと、

がっつり鍾乳洞

以前、地球創世記の本読んだことあるけど、
色々あってこうなって、今では観光地
この後も色々あって姿を変えていくんだろうね

まさか地球さんも、こんな地中をライトアップされるとは思ってもみないね

つららみたい

鍾乳洞こんくらいでいいか

記念撮影でしめる

うっちゃんのサンライズTかわいい

次いってみよう

エメラルドの海を見る展望台

あんま海みえねーぜ

でもたそがれるぜ

見たか
これがたそがれうっちゃんだぜ

よっしゃ次いってみよう

おなじみ石垣名物川平湾

砂地に下りると

石垣猫
にゃ~

元旦に海遊び

贅沢な元旦

昼飯食って、
よっしょ次や!

ラストはマングローブでカヌー体験

オールの使い方を覚えるぜ

乗るとき足浸かったけど、けっこう水冷てーぜ
これはひっくり返ったらえらいことになるぜ

後ろのエンジン重くてひっくり返らないように
中止してくれよ

後ろに重い人って言われたのに
のんびりしたいおいらは無理やり
前に乗船

ダイチャンがんばるのだ

わんぱくコンビは落ちてくれるのか

うっちゃんは念願の、のみぞうとタッグを組む

ポンコツエンジンにならんようにしっかりね

押したり、引っ張ったり、じゃれあいながら
ジャングルみたいなとこへ進む

川の上流は細い通路

木が邪魔

ガイドさんについていこうにも
なかなかうまいこと進まなかったりする

習ったこと忘れてる

洞窟の前で記念撮影

洞窟の干潟にトビハゼいやムツゴロウみたいな
魚がいた

寒いといなくなるらしい
今年はまだあったかいから見れたらしい

帰りは風で流されて早い

気持ちよかったので、漕がずに瞑想
いつの間にかゴールしてた

そして、最後はやっぱり記念撮影

お疲れ様でした

帰りに商店街でお土産を買って今回の旅は
終了なり

短い期間にめっちゃ遊んだ

普通に友達と旅行に行くより、濃密な時間が過ごせた

それがダイビングツアーのいいところなのか

実際、気のあう仲間しかいないから、気も使わないし
(ていうか、逆に使ってくれるんだけど)
何でも好きなこと言えるし、好きなことできる

この仕事しててよかったなって思える瞬間が
てんこ盛りでした

僕が楽しければみんな楽しいと本気で思っているので
みんなも楽しかったでしょう

そんな感じで長々と石垣島ブログ書いてきましたが、
今日でおしまい

明日からはマエサチ店長が書いてくれるよ

お楽しみに

RIO

年末年始の石垣島ツアーvol.4
2016年1月16日

こんにちは

いよいよ冬本番
朝ヨガいくとき寒かった~~
でも、昼間はあったかいね

今日のブログは年末年始の石垣ツアーの
つづきだよ

2015年12月31日
最後のダイビング
完全な潜り納め

黒島は風が強くなってきて、戻れなくなるといけないので
竹富島まで戻って潜ることに
荒波を猛スピードで駆けていく船

30分ほどで、竹富島まで戻ってきた

さらに風が強まってきて、体感気温もさがってきている

そんな中、リゾートおにいにあこがれた自衛隊坊主が
リゾートスタイルで潜るというのだ

寒いとかいわせねーよ

若干透明度は落ちたもののまだまだきれい

真っ白い砂地を泳いでいく

ところどころにエダサンゴたち

おなじみのウミウシもここではかわいく見える

ヤッコエイも砂地を優雅に漂っている

ほどなくして
本命のハナヒゲの岩に到着

たくさんの魚が群れていた

3匹のハナヒゲウツボがいた

ハナヒゲウツボは唯一ウツボの仲間としては
みんなから愛されている種

なんでかって、まず色がきれい

子供のころはみんな黒い体色が大人になると
メスとオスに分かれるときにブルーと黄色に変色する

鼻にあるひげもかわいい

にゅるっと出てくるとリボンのような体をしており
リボンイールとも呼ばれる
「リボンうなぎ」

それはそうとリゾート坊主は寒くないのかと
思っていると、

やはり寒いらしい

それでも
強がる坊主

2ショット坊主

ドライ&裸のコンビ

「おーまいが~~~」

「せいむせいむ」

このふたりの寄り目
すべらんな~

そっこーでシャワーを浴びる根性なし坊主

あとで聞いた話だが、このせいで風邪をひいたらしい
風邪引いてもこの経験には代えられない
すっかりリゾートスタイルにはまってしまったようだ

2015年ラストダイブお疲れ様でした

タイタイのみなさんもありがとうございました

そして、そっこー着替えて、
街の居酒屋で打ち上げというか
最後の忘年会

このお店美味しかった

2次会は紹介された沖縄民謡ライブが聴ける居酒屋さん

沖縄って感じ

寄り目じゃないって感じ

盛り上がってきたところで次いってみよう

石垣一立派なホテルでカウントダウンがあるとのことで
早速向かった

イエイ!

たくさんの観光客や地元の人が集まっていた

次はこのホテルに泊まりたい

プロのミュージシャンらしき人たちが
沖縄の歌を歌ってた

いーやーさっさ

そして、いよいよ年があける

ゴーヨンサンニーイチ
ゼロ~~

ひゅ~~
ばんばん

夜空が彩られていた

よし花火も見たし、
次いってみよう

4次会だ

あれっざっきーがいない

「いや~すいません
さっき歌ってた歌手のCD買ってました~」

「サインも入ってますよ」

お~まいが~~

めでてえことだし、
買って正解だ

一生の思い出になるぜ

最後はカラオケ
夜中まで開いてるカラオケ屋探して
そう、お正月の歌を歌おう

みんな元気ばい

風邪ひき坊主も最後までテンションあげあげで
この日は終了

カラオケ代ばり安
2時間1人400円

ありえない

ラスト最後の石垣ブログに続く、、、

RIO

年末年始の石垣島ツアーvol.3
2016年1月15日

こんにちは 

今日は本格始動2日目

やっぱり働くっていいよね

あと、いらなくなったi-phoneもってないかな
音楽聴くように欲しいんだよね~

というわけで、今日は石垣ブログの続きです

2015年12月31日
1本目
黒島という石垣島からけっこう離れた場所まで移動し
そこでマンタを狙うとのこと
この時期、マンタで有名な川平には季節風の影響で入れないんですが
黒島まで行けば、途中荒れていても潜れるとのこと

昨日の疲れも見せずにテキパキ器材をセッティング

1時間近い船旅で見えてきた

相変わらずのどんより雲

快適ドライ組と

寒寒ウエット組

この日は風も強くて、体感気温は20℃を下回っていた
それでも、ウエットダイバーは水温があったかいことで
その気力を保っていた

ガイドの方もウエットスーツ
分厚いのを着ているとはいえ、暖かさはドライには敵わない

とはいえ、ウエットで潜ろうとドライで潜ろうと
個人の自由
個人の価値観で好きなほうを選べばいいのだ
どっちが楽しいかだけなのだから

黒島までくると、透明度30mオーバー
石垣島周辺海域とは比べ物にならない

昔は石垣島周辺もこのくらいきれいだったんだろうね

浅場から、ドロップオフへと下っていく

切り立った岩々が美しい

あっという間に水深30m
志賀島のP4の方がよっぽど深いと錯覚してしまうほど

水面にはカメの息継ぎ

カメはいつもこんな海で泳いでいるんだね
都会のダイバーからしたら、それはもう嫉妬されちゃうよ
嫉妬されてもカメはお構いなく、深い海の底へと潜っていく
竜宮城はこんなとこにあるんだろうな

底周辺を泳いでても、減圧出ちゃうから
浅くなっている切り立った崖の上でマンタを待つ

5分ほど待ったが出る気配がないので帰ろうとUターンをはじめたその時
ガイドさんが振り返って、反対の方向を必死に指さしている

マンタだ!

崖に沿ってをこっちに向かって泳いできた

うちらのグループが出している大量の排気泡に
体をくねらせ気持ちよさそうにダンス

よほど気持ちいいのか、巨体をくるくる回転させて、
もっともっととねだってくる

そして、ゆっくりと体を反転させて反対の方へ泳ぎだした
それをザッキーが必死に追いかけていく

かなり近くまでよることができた

マンタの顔がはっきりと写っている

コバンザメが張り付いているのもまた愛らしい

最後は、「アバヨ」といわんばかりの水面へのジャンプを見せ、
マンタは流れに逆らいながら、プランクトンを捕食
我々の前から姿を消した

おそらく見れたのは我々のグループだけだったように思う

運がよかった

海上には他のダイビングショップ船も集まってきていたが、
みんな見ていないようだった

我々にちょっと顔を見せにきてくれたようなそんなマンタとの出会いであった

僕自身も7年ぶりくらいにマンタを見たので、興奮気味

他の魚達には悪いが、何をみたのかあまり覚えていない

浮上して、船に上がるとうっちゃんが居た
うっちゃんはエアーがなくなり、先に上がっていたのだ
残念ながらマンタは見ることができなかったが
次回は見れるはずだよ

2本目は島の先端側に移動して、ダイブ

こちらも相変わらずの透明度

こんだけ荒れてて、これだけの透明度とは
世界屈指の美しさ

沖縄ってこんなにきれいだったんだね

サンゴもきれいな状態で残されている

ここでマンタを見ようとはりきるうっちゃん

DMはっしーもこれだけきれいな海は初

寒さも忘れてる

深いとこを好む、ドリーことナンヨウハギが
小さなテーブルサンゴに居ついている

幼魚のうちはこうして群れて
成魚になるとひとりで行動する

まさに映画のドリーは成魚なのだ

あまりに気持ちいいので仰向けで瞑想

おっくんは瞑想どころではない

そりゃそうだよね

こんな海がずっとこのまま続けばいいよね

安全停止をしてダイビング終了

残念ながら、ここではマンタは現れなかった

そんな簡単に見れないことで、さっきのマンタの価値が
グッとあがった

2015年の最後に見れたマンタはかなり貴重であった

ありがとうマンタ

そして、3本目からの続きはまた明日

ではでは

RIO

年末年始の石垣島ツアーvol.2
2016年1月14日

こんにちは。RIOだよ。

今日からサンライズ2016年本格始動!

マエサチ店長はアメリカから昨夜遅く帰国したらしく、
時差ぼけで眠いから休みたかったとか文句言いながらも
お土産持って出勤して結局いつも通りひとり忙しそうに仕事している様子です

僕は今年もゆるりゆるりと過ごしていこうと思います

どんな一年になるのかは、わかりませんが
おそらくいい年になるでしょう。

そんな今日のブログは石垣島ツアーの続き
前回は1ダイブ終わったところで終了してたから

2ダイブ目はほとんど移動せず、近くのポイントに来ました

潜っていきなり、ガイドさんがウミヘビ持ってきた

ささきねこ持ってみる

噛まれても死にはしないだろうけど、
すぐ病院にいって、明日からのダイビング中止だ
気をつけろ

ざっきーは慣れている

噛まれたこともあるんだろう

わらわらと面白生物を観察

面白生物その一

模様ついたカエルさん

面白生物その二

オルトマンによく似たエビさん

面白生物その三

ロックンロールなハオコゼ

面白生物その四

十字架魚

この4つはまあどこにいってもレアっていわれる
種類である

特にこれね

英名ゴーストパイプフィッシュ
ウツボ大好き外人だって、こいつにはもう夢中さ

日本人にはウツボ人気薄

この顔、日本人には受けが悪いのか

のみぞうも人気薄ウツボを撮ろうとがんばってる
そして、この撮ってる姿がきれいな写真になってる

VERY GOOOOD!!

ダイチャンも重たいのに、カメラ2台とハウジングと
ストロボやら色々持ってきて撮影

GOOOOD JOB!!

そして、変なハギ撮れてた

なんていう名前なんだろうね
まあ、名前なんてどうでもいいんだけどね

サンゴたち

僕はサンゴの群生をみるのが好き
でも、いまだ完璧なサンゴの群生を見たことがない
長いダイビング人生の中で一度くらいは
見てみたいな~~

赤い魚その一

赤い魚その二

赤い魚その三

これ赤い頭やった
まちがえちった

青い魚もいたよ

きつねみたいなフォルム

色々見たし今日はこれで終わり

さあいよいよ
うっちゃんの好きな飲み会だ

海ではおとなしいうっちゃんですが、
酒場では元気

実際眠そうだけど

かんぱ~~い

デザートに
記念ダイブケーキのおでましだ

今回、同時3人100ダイブ

ケーキ3個にしようか悩んだけど、
絶対誰も食べんし、1個にしました

おめでとう!
みんないい笑顔だ

おいさんここまで来た甲斐あったよ

いや~よかった よかった

2016年も楽しく潜ろう

潜れるうちは潜ろうぜ

だって、いつ潜れなくなるかわからないし
体もそうだし、家庭の事情とかね

趣味の世界はいつだって、やれるときは全力だ

飲み会もほどなくして終わり
眠さMAXのうっちゃんはさっさとホテルに帰ってしまった

残りのみんなで夜の街を探索

自衛隊員が戦争のことを想う

夜になってもあったかくTシャツでも平気

ただ、その辺の木からヤエヤマオオコウモリがバサバサ出てくるのは
平気じゃなかった

一日を遊びまくった一行は明日に備えて
ホテルへ帰ったのでありました

続きはまた明日ね

ではでは

RIO

2016年初ブログ!年末年始の石垣島ツアーvol.1
2016年1月11日

あけましておめでとうございます

タイ語でいうとサワディーピーマイカップ

本年もよろしくお願いします
RIOです

今日は1月11日ということで、ほんとはまだお休み中

なぜ、今このブログを書いているのかというと

1月13日の仕事初めを14日に伸ばすため

もう一回言っときます

お店は1月14日からオープンします!!

1月13日は店長がお休みなので、僕が一人で出る予定でしたが
どうしても出れなくなってしまったので、そのようになりました。

というわけで、今日は休日出勤をして、
年末年始の石垣島TOURの様子を書いていこうかというわけです。
言って見れば、13日のブログを11日に書いてるという認識ね

僕が石垣島に行くのは、これが初

これまで何度となくいくチャンスはあったものの
あんまり興味が湧かなくて、いったことがなかった石垣島

沖縄の離島、宮古島も久米島も与那国もどこもいったことなくて、
粟国島以外の離島に足を踏み入れること自体初

今回はサンライズでは初の年越しツアーということで
年越し旅行という言葉につられて、いってみようとなりました

朝の早よから、北は横須賀、岡山から、西は佐世保から
南は飯塚から集まってきたメンバーたち

寝坊も遅刻もなし
さすがやな

ジンベエジェットとジンベエ車の
ジンベエ推し

ジンベエ車だけやったらなんのことか
わからんばってん
そげなこと働くおっさんには関係がなか

なんだかんだで
石垣島が見えてきた
びゅーーん

どんよりどよどよ

着陸態勢

きーーーーーーー(ブレーキ)

初、石垣上陸

めっちゃあったかい
曇って風が強いとはいえ、こんなあったかいとは
まじびっくり!
いや~びっくりこん

猿と門松
あったかいから、雰囲気ないけど
もうすぐお正月

サンゴがちりばめられてる

新空港から20分かけて、港に到着

飛行機降りて、30分でお着替えタイム

Tシャツでうろうろしても寒くないよ

そんでもう船に乗るよ

そんですぐにセッティングするよ

今回のメンバーは、RED、MSD、DMしかいないという
上級者たちということで、(ひとりAOWいたけど)
テキパキテキパキ

そして、おいらはドライでダイブ

濡れたら寒いけんね
女子3人もドライダイブ

港を出発
意外にも港が広くて立派

さすが石垣

飛行機の疲れを船で癒す

どんよりどよどよ

海はいい色
雲はいやな色

石垣島の西のポイント
どうやら風が強いらしく
石垣の色んなダイビングショップの船が
集まってきていた

それにしても、こんなにたくさんのダイビングショップが
ひしめきあってるなんて、これは経営大変だ
この小さな石垣島にマンタ出なくなったら、どれだけのお店が
生き残るんだろう
マンタさんいつまでも石垣島に出ておくれ

水温26℃
透明度20m

ものすごく澄んでるわけではないけど、
充分の透明度

着底

けっこう潜行時間にばらつきあったけど、
みんなバディー同士ではぐれず潜れたぞ

実は、この1ダイブ目は
おっくん、ささしょう、ありこが100ダイブにあわせてきたのだ
3人が同時に100ダイブってなんかすごい
引き寄せられるように、ここまできたんだね

おめでとう!!

引き寄せられてるのを離してみると
3人はバラバラになるのだ

おっくんうつぼ頭

ありこうつぼ胴体

ささしょううつぼ尻尾

ひとりで意味を成さないこのフラッグ
運命共同体だね

ウツボも感激

「おめでとう おまえら最高だよ」

すると、
目の前にカメさん

お~~~~かわいい

あ~~
浮上していってしまった

空気をぱくぱく

呼んでもないのに、うちらの方に降りてきた

逃げそうで逃げない

めっちゃ寄れる

こんな風に撮れました

てへ

カメの大撮影会のはじまり

カメと5ショット

全然逃げない

かわいいポーズとってくれる

眠そうになってきたので、このへんで
おいとま

バイバイカメさん

「ばいばーい へたくそやろうども」

水底には無数のチンアナゴ
英名ではガーデンイール(庭のうなぎ)

細身のうなぎでした

辰の口でおなじみの魚も発見
辰ノ口みたいに寒くならないから
寒さに弱いんだろうな

僕が魚の中で一番好きな
ハタタテハゼ

まあまあどこにでもいるけど、
見た目が美しい
動きも美しい

よくいるといえばこの
クマノミ

普通のクマノミもイソギンチャクが変わると
きれいに見える

このクマノミは辰にはいないやつ

わかるかな

1ダイブ目ってなんでもかんでも撮りたくなるよね

そのためごみ写真多数
捨てるのに相当な時間がかかったよ

サンゴはところどころ崩れていた

これはダイバーのせいなのか
どうなのかはわからんが、
人が多いと、海はこうなる
それは世界中どこでも同じ

どんなに秘境でも人が入ってくると、ちょっとづつ
ちょっとづつ自然破壊が進む

生活排水、リゾート開発、船から出るオイル、
漁師の網、釣り糸、ゴミ 異常気象・・・・・

エコバック持って行って、レジ袋使わんようにエコ活動しても
それ以上に石油製品山ほど作りよるし、しかも海外ではレジ袋あほみたいに
使いよるし、
ダイバー減っても海は汚染されていくんだし、
今、このきれいな海を楽しもうではないか

そのうち人間いなくなったら、またきれいになるからさ

そして、安全停止

5mで3分間

船では100ダイブのおめでとうコール

ありこの胴体が抜けてる

そーそー
3人並んでね

小道具貸してくれた
ささきねこがささきヒョウに変身

現地ショップのオーナーの奥さんが
手作りサーターアンダギープレゼント
おめでとう!

こんな札まで作ってくれてた

ありがとう!

アンダギーでテンションあがった男達
ジャンプ

顔から着水

ささきもジャンプ

フレームアウト

最後は、ざっきージャンプ

バック



ひゅ~~
どぼん

1本目終わったところで今日のブログおしまい

面白かった?

今度のブログ更新は14日だよ

何度も言うけど、13日は閉まってるよ

14日はマエサチ店長がいるよ

14日にみんなおいでね

あたいはもう少し正月休みを楽しみますたい

ばいちゃ

RIO

Page 1 of 212

月別記事一覧

新着記事一覧

カテゴリ一覧