12/3 透明度の上がった長崎辰ノ口。

こんばんは。マエダです。

昨日、一昨日と辰ノ口に行ってきました。

今日はゲストが少なかった為、海は中止し、表彰会の準備。

天神も寒いです。

今年は寒くなり始めの11月をプーケットで過ごしたので、急な寒さがやけに凍てつきます。

連日北風びゅーびゅーです。

この日は、いつも1人のせなこんぐと、妹まゆこんぐ。

その2人と潜りたいと、予定を変更してテルちゃんも来てくれた。

お陰で中止にならなくてすんだ。

やったね。

ダイブショップサンライズ たつのくち

美人姉妹に挟まれて、超絶嬉しそうなテルちゃんも良かった。

雨女のせなこんぐのパワーが弱まったお陰で、この日は曇り空。

ダイブショップサンライズ たつのくち

しかし!

久々に辰ノ口が抜けました!

ダイブショップサンライズ いわし

8~10mくらい見えてました。

そう、ここ辰ノ口、南風が吹くと透明度が一気に上がるのです。

そういえば日曜日に一日だけ南風が吹いた。

そのおかげで、この日の前日の月曜日もかなりきれいだったんだそう。

こんな日は地形を覚えるのに最適。

なので、この姉妹もバディダイブトレーニング。

ダイブショップサンライズ バディダイブ

私が深場に行きたかったので、クロの巣とアラの巣を目指してもらいました。

リーダーは基本妹のまゆこんぐなんですね。

特に打ち合わせをしている様子ではなかったけど、先頭をぐいぐい進む妹。

ダイブショップサンライズ オーバーハング

遊びたがりの自由人、姉せなこんぐ。

ダイブショップサンライズ ヒラメ

置いて行かれそうになると、さし棒でカンチョウするせなこんぐ。

ダイブショップサンライズ バディ

切れる妹、まゆこんぐ。

ダイブショップサンライズ バディ

写真を楽しむテルちゃん。

ダイブショップサンライズ ミノカサゴ

透明度が良いとはぐれないのも嬉しい。

透明度が良く、水温も高いので、一瞬リゾート地のように感じてしまう。

ダイブショップサンライズ ハタタテダイ

でかマダイを見て、辰ノ口であることを思い出します。

ダイブショップサンライズ まだい

水深30mのアラの居ないアラの巣には、大きなイセエビが2匹。

ダイブショップサンライズ アラの巣

浅場には居ないマツバスズメダイや、帯の無いアカオビたちのコロニーがありました。

ダイブショップサンライズ マツバ雀

じっくりと観察すると色んな違いが見えてきます。

けれどそんなにじっくり過ごせない水深30m。。。

たまに辰ノ口で見るこの貝は何て名前なんだろう?

ダイブショップサンライズ かい

水温20度、ロクハン全然寒く無し。

深場を満喫。

灯台裏のイワシの群れと、

ダイブショップサンライズ コーラル

テトラのマアジの群れがすごかった。

ダイブショップサンライズ アジ

浅場も満喫。

ダイブショップサンライズまあじ

良き一日となりました。

ダイブショップサンライズ たつのくち

これが、せなこんぐの潜り納めにならない事を祈ります。