12/4 連日の辰ノ口。

こんばんは、マエダサチコです。

翌日も辰ノ口へやってきました。

晴天、貸し切り。

ダイブショップサンライズ 辰ノ口

前回、前々回とレンタルのドライスーツを使用し、ずぶ濡れになったマリちゃん。

気合を入れて着替えを沢山持ってきた。

水着も着用してきた。

ダイブショップサンライズ 水着

備えあれば憂いなし。

しかし、この日はのレンタルスーツは旧コンバットドライ。

ダイブショップサンライズ ドライスーツ

きっと濡れない。

でも、潜って濡れないなんて考えられないと、不安が残るマリちゃん。

ホントに濡れないの~?

ダイブショップサンライズ どらい

がんばるぞ。いえい。

ダイブショップサンライズ ドライスーツ

結果から言うと、濡れないドライを初体験。

人生なんてそんなもん。

備えた時には何にも起こらない。

備えてない時に限って何か起こるんだよね。

ふぅ~。

北風が続くと透明度が悪くなる辰ノ口。

北風が吹き続けてるので、いつまで透明度のいい状況が続くかわからないけど、とりあえずこの日も浅瀬はきれいそう。

ダイブショップサンライズ きれい

アジの群れもすごい。

ダイブショップサンライズ マアジ

沖に進むにつれ少しずつ白けてましたが、

ダイブショップサンライズ にごる

アラの巣まで行くと割ときれいでした。

ダイブショップサンライズ あらのす

2本目は更に白けてきたけど、お花畑に足を延ばしてみた。

黄色のカゴカキダイの群れがキレイで、辰ノ口はやっぱり個人的に深場が好き。

ダイブショップサンライズ カゴカキダイ

ドライスーツで上手に潜れるようになりたいと、コンスタントに海に来てくれるマリちゃんも黄色い生物に癒されていると思っていたけど、実はそんな余裕は微塵もなかったんだそう。

ダイブショップさんらいず こいぼ

浮いたり沈んだり、思うように体をコントロールが出来ず、止まれないと嘆いていました。

ダイブショップサンライズ くまのみ

それでも、上手くなりたいと、楽しみたいというのが、陸上でも水中でもひしひしと伝わってきました。

そういう人にこそ、上手くなってもらいたいし、その為のお手伝いを全力でしたいと、それがインストラクターの仕事なのかなとも思えました。

やりたくない、別にうまくならなくていい、そう思っていないにせよ、向上心が感じられない人には、何も教えたくないし、一緒に潜りたいとも思わない。

マリちゃんが、『来年もサンライズさんでダイビング続けていきたいし、上手くなりたいと思うんですけど・・・、中島さんのラインを見ると、私みたいな下手な初心者は来たらダメなのかと不安になるんですが、来年からも来てもいいですか?』と言ってきた。

中島さんは、文章を書くのは上手だけど、個人に対してメールやラインでの配慮や気配り・心配りは基本出来ないのです。

なぜならサイコパスだから。笑

小説が上手に書けても、手紙は上手く書けないんですよね、きっと。

もし、マリちゃんと同じように感じている方がいましたら、その旨、ご理解ください。

はじめはみんな下手だし、何も知らないのは当たり前なので、自分のスキルや経験など気にせず、来年もいっぱい海に来てもらいたいと思っています。(ちなみにマリちゃんは下手ではない)

そして、もっと楽に、もっと自由に海を楽しめるようになれるダイバーが増えれば、わたしはそれをすごく嬉しく思います。

ダイブショップサンライズ 辰ノ口

では、また明日。