3/1 超ロング捜索ダイブ

どうも。ふーみんです。

久しぶりにブログを書きます。

 

2月も終わり、暦の上ではすでに春。

うららかな春日和、本日はインストラクターとDMで志賀島捜索ダイブを行いました。

 

始まりは2日前。

サンライズでDMを取得した人たちのグループラインに店長から連絡。

連日快適な海況が続いている志賀島でダンゴウオ&ミズタマウミウシの捜索ダイブ決行のお知らせでした。

 

急な呼びかけで集まったメンバーはこちら。

 

今回の捜索ダイブは黒瀬からのスタートです。

季節としてはダンゴウオ&ミズタマウミウシどちらもいてもおかしくないはず。

 

さて、今回はファンダイブなんて言うお楽しみ企画ではなく、あくまで捜索ダイブ。

ルールを決めて潜ります。

 

 

ひとつ:写真を撮ることができるのはダンゴウオ&ミズタマウミウシのみ

ひとつ:見つけたらひとまず発見者にて撮影し、何らかの目印を設定

ひとつ:ダイブ終了後に他メンバーへ伝達し、次のダイブで目印を目掛けて全員で捜索

ひとつ:寒いと言わない

 

 

そして始まった「サンライズ捜索ダイブ~春は目前!居るかミズタマ?出るかダンゴ?~」。

透明度も申し分なく潜降から良い感じです。

 

まいちゃんも気合十分!

極小生物を見つけるため、虫眼鏡持参です。

 

・・・

・・・

・・・

結果。。。

 

残念ながらダンゴウオ&ミズタマウミウシは見つけることができませんでした。

 

と言うかいない。

めちゃくちゃ長時間、延々と捜索しましたので…

 

非常に残念ではありますが、1ダイブ80~90分必死に探したことは決して無駄ではなかったと思います。

 

いつもじっくり見ることができないものを時間をかけて観察することができ、

いつもスルーするものに新たな発見をすることができ、

改めて自分たちのホームグラウンドである志賀島と向き合うことができた気がします。

 

この時期に玄界灘に潜ることができることへ感謝。

興味深い姿を見せてくれる様々な生物へ感謝。

 

急な店長の呼びかけに集まることができ、貴重な捜索ダイブができたことへ感謝です。

(ついでに、たまたま休みだった職場へも感謝しちゃいたいくらいです。)

 

いずれにしても、こんなダイビングはサンライズだからこそできたことだなと思います。

改めてサンライズっ子で良かったなと、サンライズでDMまで取って良かったなと思える一日でした。

 

 

さて、ここからはルールを無視してダンゴウオ&ミズタマウミウシ以外を撮った写真のご紹介です。

 

黒瀬大岩のピンクのオトシゴ。

小さなヒメイカ。

冬アイドルのゴマビロ。

イカ玉瀬のイケメンなオトシゴ。

 

家畜かと思うほどの大きさのアメフラシにしょーぽいもご満悦。

カワハギは至近距離でも動かない。

ヤリイカの卵も育っています。

 

目当ては見つからなくても、クラウチングスタートしそうな勢いで撮るもんね!

 

そんなこんなで、黒瀬→白瀬→白瀬 計3ダイブで260分(途中でちゃんぽん休憩を挟んで)終了後は、日が落ちかけていました。

 

 

2019年第一回サンライズ超ロング捜索ダイブ終了。

次はいつかな?

ちなみに、連日講習続きだった店長は、この超ロングダイブで久々にやっと「潜ったな~」って思えたらしい。

(やべーよね。笑)

 

次も僕はLLサイズのオムツをして血眼で捜索したいと思います♡

 

ふーみんでした。じゃあね~。