7/5 天神から日帰りで長崎にダイビング。

こんばんは。マエダサチコです。

日曜日はうねりの残る志賀島での黒瀬開拓はな無くなり、OW講習もキャンセルとなり、辰ノ口にやってきました。

どこかの野良猫と喧嘩し、瀕死の状態から回復したブルーアースの看板猫タケシ(♀)の様子も見たかったので、快気祝いのご飯を沢山抱えていってきました。

以前より随分と体はほっそりとして、いくぶん元気がない感じのタケシでしたが、

ダイブショップサンライズ たけし

ご飯を与えるとすぐにパクパクと食べてくれたので、安心しました。

ダイブショップサンライズ たけし

私の記憶が正しければ、サンライズがOPENしてまだ間もない頃、タケシは子猫だったので、もう10歳近いという事になります。

運よくブルーアースさん周辺の縄張りを獲得し、持ち前の愛嬌の良さで人間に愛され、毎日ではないにせよ雨風をしのげる場所と食料を得て、体調不良になると病院にも何度も運ばれ、野良猫の平均寿命5年を大幅に超え、生きています。

私はこのタケシを猫界トップクラスに可愛いのではないかと思っています。

まだまだ長生きしてもらいたいものです。

ダイブショップサンライズ タケシ

さて、そんな感じでまずはみんなでタケシに挨拶を済ませるところから始まった長崎辰ノ口の一日。

私はサクサクのAOW講習を担当してきました。

ダイブショップサンライズ AOW

サクサクはこの日、新品のスーツを身にまとい、ここに居るダイバーの中で一番輝いているように見えました。

ダイブショップサンライズ スーツ

背中のSAKUSAKUの文字もハイセンス。

ダイブショップサンライズ スーツ

流行りの白マスクと白フィンも似合っていました。

ダイブショップサンライズ 新品

新しいスーツの色は、この日の辰ノ口の水の色と同じ色で、時々サクサクが海に溶け込んで見えました。

ダイブショップサンライズ PPB

そんなサクサク、

中性浮力のコツがなかなかつかめず悪戦苦闘し、おろしたてのスーツは初日で既に破れかぶれになりました。笑

ダイブショップサンライズ PPB

わんぱくっ子炸裂で、小夏2号と名付けられましたが、

ダイブショップサンライズ イカの卵

志賀島にはない枝サンゴや

ダイブショップサンライズ サンゴ

クマノミ夫婦、

ダイブショップサンライズ クマノミ

深場のソフトコーラルを満喫し、

ダイブショップサンライズ DEEP

ディープ講習も無事に終わり、長崎の海を楽しんでくれたので良かったです。

ダイブショップサンライズ DEEP

こちらの黒瀬開拓予定だったDMの面々は、急遽辰ノ口開拓コースに変更。

ダイブショップサンライズ 辰ノ口

RIOさんのガイドで、辰ノ口の未開拓エリアに足を延ばしてきたそうです。

ダイブショップサンライズ たつのくち

地の音を、水の音を聞き、目的の地へ。

ダイブショップサンライズ 探検

そこにはニセイガグリウミウシや

ダイブショップサンライズ ニセイガグリ

カグヤヒメウミウシ、

ダイブショップサンライズ カグヤヒメ

ハナオトメウミウシに

ダイブショップサンライズ ハナオトメ

ミナミハコフグの幼魚。

ダイブショップサンライズ はこふぐ

それと同じ口をしたカニに、

ダイブショップさんらいず カニ

口内保育中のイシモチなど多種多様な生物の楽園があったそうです。

ダイブショップサンライズ 口内保育

今度連れてってもらいましょう。

では、また明日。