9/12 豪雨の後の長崎辰ノ口。

こんばんは。 マエダサチコです。

秋の空模様は移り変わりが激しく困ったものです。

暫くは残暑が続き、暑い日が続くのかと思っていましたが、今年は9月に入ると台風が増え、北からの冷たい風の吹く日が増え、急に季節が分かりやすく秋へと移行しました。

とはいえ、秋の空模様は変わりやすい為、予報もあてにならない日も少なくありません。

前日の豪雨で防波堤だけではなく、いつも利用しているブルーアースさんの向かいの駐車場も土砂崩れをおこしていました。

ダイブショップサンライズ 土砂崩れ

夜通しかなりの雨が降ったようですが、看板猫のタケシちゃんはお気に入りのレンタルBCの上でお休みしていたみたいで無事でした。

ダイブショップサンライズ ねこ

よかったよかった。

この日、玄界灘はどこも潜れないので、福岡からも沢山のダイバーが来ているかと思いきや、居ませんでした。

お構いなしに散らかしまくって準備するサンライズ一行。

ダイブショップサンライズ 辰ノ口

この日は素潜りチーム、AOWチーム、ファンダイブチーム、バディダイブチームと珍しく大人数でした。

私は、立花さんをアシスタントにおさむさんとよしこさんのAOW講習を担当してきました。

アシスタントの立花さんの出番はなく、しっかりと2人でバディチェックをしていました。

ダイブショップサンライズ バディちえっく

間隔を空けずに毎週来ているので、上達も早いです。

ダイブショップサンライズ AOW

オレンジを基調としたおさむさんと、白を基調としたよしこさん。

2人ともとても似合っています。

次はBCD、次はドライスーツ、次はLEGEND、次はウエットスーツ、次は一眼レフカメラ、次は水中スクーター、次は・・・といった具合に少しずつ器材を揃えていってください。

自分の身体とレベルに合った器材を選ぶことが快適なダイビングへの鍵となります。

毎回違う器材を使っていると上達にもかなり時間がかかってしまいますからね。

ご自身の器材を使い、まずこの日は中性浮力を学んでいくことにしました。

ダイブショップサンライズ 濁り

雨が降り続いた後の辰ノ口、透明度は1~5m。

魚は多いのですが、まぁ見えない。。。。

クマノミはかろうじて見えました。

ダイブショップサンライズ クマノミ

適正ウエイトを知り、潜降の練習から始まり、

ダイブショップサンライズ 中性浮力

フィンピポッド、ホバリングと練習を重ねていきましたが、

ダイブショップサンライズ PPB

これがなかなか難しい。

ダイブショップサンライズ 中性浮力

水深が浅いこともあり、なかなか思うように体をコントロールできずに苦戦する2人でした。

ダイブショップサンライズ ホバリング

上手くなりたい。上手に潜りたい。楽に潜れるようになりたい。

2人のそんな真面目に学びたいという気持ちがひしひしと伝わってきました。

スキューバダイビングなんて所詮遊びだし、テキトーにしてCカードもらったら、たまにリゾート行って潜れたらいいっす。

という心意気でダイビングに来た人、夏の思い出作りでCカードを取りに来た人とは、教えるインストラクターの心意気も違ってくる。

本気で教えたいし、応援したいと思うし、誠実に付き合っていきたいと思うのです。

何事にも真面目に取り組む2人には、きっとそんなふうに応援してくれる人が他にも沢山居るんだと思いました。

次回も頑張りましょうね。

私達が奮闘している間、あやか&てるちゃんのバディダイブチームは、色んなエビやウミウシを観察してきたようです。

ダイブショップサンライズ オトヒメエビ

あやかちゃんの頭の良さとリーダーシップ、ナビゲーションスキルは日々腕を磨いているようです。

ダイブショップサンライズ 飾りイソギンチャク

サンライズっ子たちはスキルが高いので、ガイドも負けずに腕を磨いていかなければいけませんね。

私自身にもいい刺激になっています。

大ちゃんガイドで行く、順子さんとしのさんのチーム。

しのさんからの写真がちょうど今届いたので、早速使いたいと思います。

イガグリウミウシが居たようです。

ダイブショップサンライズ イガグリウミウシ

最近やけにビードロカクレエビが多いと、現地のインストラクターも言っていました。

ダイブショップサンライズ  ビードロ

チビ達の季節もまだ続いています。

ダイブショップサンライズ 網目

ミジンベニハゼは写真にも納められるサイズに成長しましたが、まだまだ今年は個体数が少ないです。

ダイブショップサンライズ ミジン

てか、どれもすごくきれいに撮れていて驚きました!

マクロ撮影に透明度は関係ありませんので、、

明日も辰ノ口に行ってきます!