10/30 赤瀬&青瀬ダイビング

せなこんぐと水ちゃんは、ダイビングが一緒になりがち。

あるある。

ダイブショップサンライズ 志賀島ダイビング

でも、大して仲良くならない。

あるある。

 

そんなわけで、久しぶりにベタ凪の志賀島に来ました。

夏も終わったことだし、ちょっと違うところへと潜りたい。

 

そう、赤瀬だ。

ダイブショップサンライズ 志賀島ダイビング

微妙に湾になっている赤瀬は、ムラサキウニが大量発生しており、手前は磯やけ気味。

だから、足つくとやられる。

 

志賀島の海女さんここウニいっぱいです。

ウニの群れが通ったあとは、海藻がなくなってますから、取った方がいいと思います。

 

秋になって、ヒラメが岸近くにやってきた。

冬を前に荒食いをします。

ダイブショップサンライズ 志賀島ダイビング

食欲旺盛なヒラメちゃん。

 

深い方へと移動するも、生物の気配が少ない。

ダイブショップサンライズ 志賀島ダイビング

魚もウミウシも少なかった10月の赤瀬。

正確にはムカデミノウミウシだけは大量でしたが、潮が引き出し、海も荒れてきたので違う場所に移動。

ダイブショップサンライズ 仮面

アンパーンチ。

 

その前に休憩。

ダイブショップサンライズ 休暇村

 

秋晴れが気持ちのいい。

ダイブショップサンライズ 休暇村

夏は暑くてここではくつろげません。

 

次は青瀬。

ダイブショップサンライズ 志賀島ダイビング

崖2連発。

 

青瀬だけに、海が青い。

浅いけど。

ダイブショップサンライズ 志賀島ダイビング

 

ものすごい泳ぎますって言った割には、目的地の沖の砂地までは近かった。

なぜだろう。

この前はめちゃめちゃ遠かったのに。

 

 

帰りはゆっくりバブルリングを作りながら泳ぎました。

ダイブショップサンライズ 志賀島ダイビング

 

ダイブショップサンライズ 志賀島ダイビング

 

青瀬はアメフラシやイワシの群れが綺麗でしたね。

 

ようやく湿疹が少なくなる季節がきました。

ダイビングも快適になってきました。

 

よっしゃ潜るぞ〜〜

 

RIO