どうぶつ

昨日の夜 赤からに行って、5辛の鍋を食べたところ、

朝からおしり事情が大変なことになっています(汗)

こんにちは!それでも辛いのが好き、池田のミホコです!!

10辛なんて・・・・もう罰ゲームか拷問じゃあないのかい?

今日はみなさんもよく知る、あの動物について書きたいと思います。

ザ・ふなむし。

ふなむし情報いらんわ!って思いました?笑

ふなむしって、嫌われてますよね~

見た目も動きも気持ち悪いから・・・

船虫というだけあって、漁港や岩場にいますよね。それはもう わんさかと・・・・・・

たくさんいると余計に気持ち悪いですよね~

しかし!!

嫌われ者のふなむしくん。

虫ではなく、実はカニやエビと同じ甲殻類なのです。

藻類から 生き物の死骸や磯のゴミ、何でも食べる雑食性なので

いわゆる「掃除屋」の役割を担っているんですね~ (へぇ~)

何でも食べますよ、そりゃもう「掃除屋」ですから。

釣りや日焼けの最中にじっとしてたら チクッとして、「あっ、ふなむしに噛まれた~」

なんてこと、経験ないですか??

ちょっとニュアンス違いますよ。噛んだのではなく、奴らは 喰おうとしています!!!

まだ死んどらんわ!!! 恐るべし雑食性。

「あらやだ!うっかり熟睡してちょっと食べられちゃった!」とか あったりして。

ますます気持ち悪いですか?

じゃあふなむしの良いところ いきますね!

他の動物と同じで、母は子供を守るんですよ。メスの腹には育児嚢(いくじのう)があって、

子供は卵から孵ったら、ある程度大きくなるまで 母のお腹にしがみついて生活します。

何ともほほえましいじゃないですか(^^)

子育て中のメスを捕まえると、腹の下からミニふなむしがウジャウジャ出てきますよ~

って、やっぱり気持ち悪いですね・・・・・・

引き続き、良いところ探します・・・。

えー

「泳げる。 しかし短距離のみで、自分から海に入ることはない。

そして誤って海に落ちてしまった場合、大抵は溺れ死ぬか魚に喰われる。」

ダメ!!良いところなし!!

次!

食べられる。  マジか!!!!

まず食べようと思った奴!!すごい勇気だ!!!!

えー その味は・・・

「ものすごく苦くて、腐敗臭がすごくて、ものすごくまずい。」    食うなーーーーー!!!!!!!

やっぱさ、食べられるもんじゃないでしょ!確実に!!

なんで食べちゃうかな~ふなむしを。

「しかし、脚の付け根のわずかな筋肉は、微かにカニに似た甲殻類の風味がある。」

ですって。

知らんわ!!

取り乱してしまいました・・・

どうぶつシリーズを作りたかったのだけど、失敗に終わりそうです。笑

突っ込まずにはいられない池田です。

今日のまとめ!

ふなむしは、たべられません。

おばけんがふらりと寄ってくれたので、今日はこの辺で~(^^)