嵐の前の志賀島。

こんにちは。マエダサチコです。

台風18号の後に19号が付いてきていますね。

3連休のツアーが心配ですが、明日の大濠公園リレーマラソン大会は大丈夫そうです。

今年もサンライズ走ってきますが、お店は18:00までは開いています。
御用の方は恐れ入りますが、11:00~18:00の間にご来店下さいね。

さて、昨日の志賀島は天気も良く、弱い北西風が心地よく、とてもいい感じでございましたが、今日はきっと台風の影響で大荒れですね。

それにしても最近の志賀島は駐車場問題のせいか人気がなくて、昨日も貸切状態。

嵐の前の静けさ。
しかも透明度も良さそう。

リゾート気分の翔さんと行ってきました。

リゾート気分と言えども水温は23.5℃。
ドライスーツが快適快適な初秋、10月。

しかし、海の中は玄界灘。

まだ透明度も上がらず、、、先週より1mアップの2~3m。

毎週1mずつ上がってくれたらいいですね。

先週200匹釣ったサイズのアジがところどころに群れていました。

ここでサビキしたらイレグイかな。

なんて思いながらカマスの群れを求めて沖に泳いでみましたが、増えるのはメバルやスズメダイだけでした。

干潮の時間帯に14m付近まで泳いだのですが、結局カマスには会えませんでした。(T_T)

あのカマス達はもっと沖に行ってしまったみたいですね。

来年もまたあれだけの群れに会えるといいなーと思いますね。

随分泳いだけど、翔さんはエアーも使わないし、疲れ知らず。

クモガニの仲間ヨツハモガニと遊んでました。

モクズショイかと思っていたけど、写真をしっかり見てみるとヨツハモガニでした。

ま、どっちでもいいね。笑

巨大なマダコ母が懸命に岩陰で大量の卵を守っている姿も見られましたー

ちょうど今の時期は夏の間に交尾したメスが卵が孵化するまで約1ヶ月餌を摂らずに海水を吹きつけたり、卵を狙う魚などを追い払ったりして岩陰で数万~十数万個もの卵をこうしてたくさんの敵から守っているんです。
そして孵化を見届けた直後にほとんど死んじゃうという健気な母タコ。
そんなふうに大事に育てられ孵化した子ダコ達は海流に乗って分布を広げてくんですが、言うまでもなく、その殆どが他の生物に捕食されるという厳しい自然界。

この厳しい自然界に間もなく子ダコ達が飛び出そうとしていました。

頑張って厳しい自然界で生き延びてほしいと切に願うのでありました。

では、また明日~