バディダイブとSP講習。

こんばんは。マエダサチコです。

今日は一昨日の辰ノ口の様子を更新です!

この日は2月最終日。

2015年遅めの初潜りにやって来たMSDおっくん。
せっかくPassもあるしMSDだし、ミホコとバディーダイブに挑戦することに。

DMのミホコを引き連れて、年末ナビSPで得た知識と経験を活かす時だぜー!

俺についてこーい!!

と気合十分で北口からエントリーして中央口でエキジットするというダイブプランを立てて出発していきました。

自分達のタイミング・スタイルでじっくり生物を探したり、写真を撮ったりできるのがバディダイブのいいところ。
水温は早くも14度台まで上がってきたので1時間くらい潜っても寒くないし、残圧をしっかり確認しながらじっくり遊べるのもいいね。

顔より大きいヤツデスナヒトデー。

かくれんぼうキンギョハナダイや、

コウイカもかわいかったみたいね。

そして、無事に今年はここ辰口で越冬できたクマノミ。

なんだかちょっと嬉しい。

他にもイイジマフクロウニをチョキチョキするゼブラガニや、

オトヒメエビの姿も。

オトヒメなのに毛深くてかわいそう。

全身白髪もさもさエビ。

色々生物観察できて大満足のおっくんミホココンビ。

1本目は無計画すぎて短い距離をあたふたおろおろ38分のおバカダイブに終わってしまったみたいだけど、同じ間違いを繰り返さない男。それがおっくん!

2本目はしっかり計画を立てて、無事計画通りに北口から中央口へ約1時間のダイビングを楽しめたみたいでした!

2人ともかなりヘトヘトになってたけど、いい経験になり記憶に残るダイビングになったんではないでしょうか。

バディダイブは難しいけど、ダイビング経験が増えてくると、ただガイドに楽しませてもらうというダイビングだけでは物足りなくなってしまうし、スキルの向上もありません。
先ずは講習などで潜り慣れた海でのバディダイビングに挑戦してみるといいと思います。
でも、その為にはしっかりとナビゲーションのスキル(コンパスワークやナチュラルナビなど)をしっかり習得する必要もあるし、仮に自分やバディにトラブルが発生した場合に迅速に的確に対応するスキルも必要ですので、それに合ったコースを受講して練習・経験を積んでいきましょうね。

ワタシとはっしーは、そのナビSP講習。

集合時間の電話で目覚めて自力でここまでやってきたはっしー。。。。

まだ寝てる。

でもキラキライワシで目を覚ます!

そして、得意のコンパスですいすい。

コンパスだけじゃなく、はっしーの大好きなウミウシも探しも。

フクロノリという海藻が増えて、フクロノリ好きのゴマフビロウドウミウシが増えた気がしますね。

シロハナガサウミウシ並にいっぱい居ました。

ソフトコーラルをめくったこんなところにも。

意外と筋力あるんだよ。立つウミウシ。

岩と間違ってカサゴを登るウミウシ。

カサゴクライミング。

ウミウシ観察はほどほどにして、セクスタントも使いこなしたはっしー。

山立てしたポイントから潜降し、イワシの中をスイスイ泳ぎ、ほぼ迷うことなく予定通りに計画したエリアに帰ってきたのでありました。

次回50ダイブでMSDだぜ~

金宝箱もひくぜ~~

遅刻もしないぜ~~~

と、張り切っていたので次回も楽しみですな。ふふふ。