ベストコンディションの志賀島。

こんにちは。マエダサチコです。

今日の志賀島は男子3名で行って参りました!!

気温は20℃近くまで上がり、11月下旬というのに風もなくベタ凪!!

と、ここまでなら決して珍しくはないんですが、今日は水中も・・・

透視度11メートルという稀に見るいいコンディションの白瀬でした。

最近コンスタントに潜ってどんどんスキルアップしている翔くんと、アドバンス講習の芝君コンビもこれには驚き。

こんなきれいな志賀島もあるんだよね。

ただし、年に数回ね。

年に1~2回しか志賀島に来ないんじゃ、こんな日には当たらないよ~

自然の中で遊んでるから、いい日もあればよくない日もあるよね。

でも、ベラは冬眠前ならいつでも会える。

みんなが恐らく一番最初に覚えた魚の名前。

キュウセン。

比較的遭遇率の高いマダコも。

それにしてもこの子は居心地悪そうだ。

こんな日は講習もやりやすくてコンパスもスムーズなラッキー芝くん。

こないだの荒れた恋の浦とは大違いだね。

うねりもなくて泳ぎやすくて快適。

地形も映えますねー

写真も撮りやすいし、バディーもよく見えるし最高のダイビング日和でしたね。

写真撮影にも熱が入ります。

ラッキーなお二人さん、ありがとう。

また来てねん。

最後にアドベンチャーフォトダイブの芝君が撮ったベストショットの掲載です。

先ずはこちら。

作品名「白瀬の何気ないひとコマ」

続いては「アナハゼと思いきや、アヤアナハゼ」

最後は「お手手つないだイトマキ夫婦」

今日は透視度も良くて浅い水深で写真を撮ったことにより、どれも水中写真とは思えない透明感のある写真になっていますね。

また写真とりに来て下さいね。次回はウミウシもキレイに撮ってね~