小さすぎなエビ

こんにちは!篠原さおりです。

今日のブログは、とってもちっこくて、自分じゃ絶対見つけられないだろうなーという

エビを最近知ったのでご紹介します。

そのエビとはこちら↓↓↓

名前はフィコカリス・シムランス(Phycocaris simulans)。

これは学名で、和名はまだありません。

最初は雑誌で見たのですが、何回見てもエビに見えない・・・。

目らしきものがあるのはわかるんですが、藻みたいなモフモフしたものに包まれていて

どこが何なのかイマイチわかりません(笑)

触角っぽいのもあるけど、目に入ってもエビってわかりませんよねー。

大体見つけられているのは暖かい海。

水深は浅いところでは3mの場所にもいたそうです。

上の写真の個体は白みたいな透明みたいな色していますが、

他にも住む場所によってたくさんの色の種類があるようです。

燃えるような赤の固体。

華奢というかガリガリですね(笑)

次は茶色?っぽい個体。

この固体は前の写真よりも数倍分かりずらい・・・。

濃いオレンジなんかもいます。

この固体はモフモフ感が強いですね。

綺麗に撮れている写真ばかりですが、実物はタイトル通りめっちゃ小さいんです。

大きくても、なんと5mm程度というマクロサイズ!

しかも擬態が上手なので、もし見つけても少し目を離したらわからなくなりそうです。

まだまだこんなにカラーバリエーションがいるので、ますます厄介かも。

紫は綺麗ですね!

写真派ダイバーが好みそう。

ちょっと龍みたいでカッコイイ。

では最後に、一番エビっぽい写真で終りましょう! ↓↓↓

エビっぽいよね・・・?