カウンターシェイディング!!

♪魚~あるある~早く~言いたい~
♪魚~あるある~早く~言いたい~~

こんにちは、意外とRG好き 池田のミホコです。

「カウンターシェイディング」 ちょっとかっこよくないですか?(笑)

戦隊ものか何かの技っぽいけど、そうではなく

外洋に生息するお魚さんに多い、背中が暗い色でお腹が銀色なやつ!

上から見ると海底の色 下から見ると水面の色

外敵から身を守るための擬態なのですー!!! やるなー魚!!

↑ おいしそうですねぇ ブリ

でもさ、魚って鏡とか見ないじゃん。 どーやって自分の色とかわかるのさ。

いや~~~ ホント不思議ですね!

先日、某ミキティが 「サンゴは岩にくっついているやつ」 とか

わけのわからないことを言っていたので(笑) サンゴについてちょろっと書きます。

サンゴと言えば、何かこう漠然と 守らなきゃいけないもの!ってイメージですよね。

サンゴは「ポリプ」という、ちぃ~~ちゃい動物が無数に集まって、

石灰質の骨格に入っているのです。 (一個体の単体サンゴもいるよ)

そのポリプの中に「褐虫藻(かっちゅうそう)」というプランクトンを共生させて、

そいつの光合成で二酸化炭素を吸収し、酸素を供給しているのです! えらいね!!

褐虫藻は他にも、炭水化物とかタンパク質とか有機物もつくっていて

それがサンゴや他の生物の栄養になるのです。 豊かな生態系の礎です。

小さい生物の隠れ家的存在でもありますよね。

ダイバーのみなさんは白化したサンゴをたくさん見てきたと思います。

いわゆる死んだサンゴです。

これは海水温の上昇などが原因で、細胞内の褐虫藻が放出されて白く見えるらしいです。

でも 白化=即死 ではありません。

一定の期間で環境が改善されれば元に戻りますが、白化が長く続くと死んでしまいます。

もしかしたら、死んどる~ と思ったやつもまだ生きているかもしれませんね!

環境汚染や温暖化だけじゃなく、天敵が大量発生しているのも

サンゴがダメージを受ける原因ですよね~

↑ オニヒトデ

 

↑ レイシガイダマシ

オニヒトデ こえーよ(@_@;)

やっつけたいけど、千切れたら増えるので怖くて手を出したことはありません・・・

毒あるし・・・大きさが恐ろしい!刺されたら熱いお湯に浸けてくんさい。

ここまでお付き合い下さりどーもです!今日はサンゴでした。

今日の海の様子は、明日さっちゃんかRIOさんがアップするので

お楽しみに~♪♪