9/24 大ちゃんのプロテストの様子。

しょーくんに次ぐ二人目の
挑戦者は、ベテラン群に
属する大ちゃんDM

最近は、カメラに首ったけの
大ちゃんDMですが、大ちゃんに限らず、
サンライズDM陣は、テストを受けようと
してくれません。

ハードルが高そうなイメージの
プロテストですが、僕はこのテストを
「ゲーム」に近い感覚で作っています。

そもそも、この世にあるテストのすべては、
ほぼ「ゲーム」と言っても、いいのですが、
「試験」と捉えてしまうと、二の足を踏んでしまうは
学生時代の名残でしょうか。

自分は何ができて、何が向いていて、
何が好きなのかを、判別する意味でも
受けておいて損はありません。

「わたしは、これが好きだからこれ以外は
やりません」というのは、これ以外のことを
全部やらないと、実はわからないことなのです。

なので、特にやってもないのに、
これが好きとか嫌いとか言っている人は
「勝手な思い込み」の可能性が非常に高く、
目をつぶって歩くゾンビ人生から抜け出せなく
なります。

そうならないためにも、
受かる、受からないは別にして
とりあえず受けてみる(やってみる)のを
おすすめしている次第です。

さて、大ちゃんのテストの様子ですが、
最初は調子が良く、魚を教えていました。

P8に行く途中、P8の砂地を通り過ぎ、
東のガレ場を彷徨いだします。

動じず彷徨い続けましたが、
段々と振り返りの回数が減り、
わずか20分でギブアップ。

とりあえず、P8を目指そうということで、
一旦浮上して、居場所チェック。

そこから僕もどう行ったかわからないのですが、
沖の方へ、迷走ダイビング。

そんな中でも、シマウシノシタを教えてくれました。

そして、2回目の浮上。

しかし、山立てで、きちんとP8の位置を
把握していないと、何度浮上しても
いけません。

時間も時間なので、
この辺でガイド交代して、
レスキュー事故者役のこずえ丸&店長と
待ち合わせているP1へと連れて帰りました。

最近、P8に行けないというのは、
「DMあるある」になりつつありますので、
目をつぶってもいけるように、練習して
おきましょう。

P8に行くくらいは、ガイドする人も、
しない人も必須のスキルですからね。
特に、DMの人は作業しながらでも
ナビできないと、いけませんから。

P1で、OW講習中の、こずえ丸を引き上げます。
(あえて、こずえ丸にしたのは、初心者
ならではの動きに期待したからです)

ウエットなのに、まあまあマイナス浮力の
こずえ丸の引きあげは、てこずります。

引き上げると、水面ばちゃばちゃ。

手順は間違ってませんでしたが、
息を入れられるたびに、顔を沈められるので、
5秒に1回息を止めることを覚えたこずえ丸。

ダイバーとして成長してます。

引き上げられる頃には、
道路を周回する自転車の人に、
心配されるほど事故者が上手くなっていました。


OW講習にはないスキルを手に入れました。

2本目は、デモンストレーションテスト

基本的には、できていますが、
完璧とまではいきませんので、

練習の時間を作りました。

普段、あまりやらないホバリングや
脱着するスキル、緊急スイミングアセントなどは
日ごろから練習が必要です。

こういったデモンストレーションスキルは
体が覚えるまでやらないと、いざというときに
できません。

一通り終えたら
最後はU字パターンで捜索ダイブ。

荒れて、濁っているので、やりにくいですが、
どんどん東にずれて、P8へとたどり着き、
そこから、普通にナチュラルナビで戻ってきましたので、
捜索はできませんでしたが、

P8を見つけることができて、ご満悦でした。

そして、これは「今」に集中して、「今」を掘り下げているからこそ
出てくる言葉です。

楽しませてもらっていては、
いつか楽しくなくなりますが、
(楽しませてもらうのが
普通であると思い込ませるのは
メディア広告の基本です)
「自分で楽しむ人生」に切り替えれば
どんな時でも楽しめるように
なり、主体的に生きることができるように
なります。

大ちゃんは、自分で楽しむ能力がありますので、
いつでも楽しく潜れると思います。

何事も飽きないコツはこの辺にあります。

さて、今のところしょーくんしか
テストに受かっていませんが、
どしどしチャレンジお待ちしております。

このテストは難しいので、白瀬に潜り慣れていない
インストラクターは、間違いなく落ちますし、
潜り慣れていても、経験本数が少ないインストラクターも
受からないと思いますが、何度も受ければ、
コツをつかんでいきます。

コツをつかむまで、楽しんでやり続けれる
気力を持てた人が、テストに受かりますので、
頑張ってください。

次回は、めぐ、たつ、ふーが
受けるんではないでしょうか。

※採点に不服があっても、僕の基準で
採点しますので、異議申し立ては
聞き入れません。

RIO