ダンゴウオの居場所・・・。

こんにちは。マエダサチコです。

陸上はもう暑いくらいのいいお天気で夏のようでした。

講習生が来なかったので、RIOさんと3人でまったりファンダイブすることになり、月イチペースで潜りに来てくれているあやちゃんとダンゴウオ狙いでダイビング。

しかし、見られるのはお馴染みのクロヘリアメフラシや

アカエラミノウミウシ。

ヒロウミウシ。

その他もろもろ・・ウミウシいっぱいの春らしい白瀬。

今日もダメかな~なんて思いながら、探しているとっ!!!!

遂に居ました。

ダンゴウオーーー!!!!!!!!

しかも天使の輪っかがついた幼魚ーー!!!!

とにかく小さいておたまじゃくしみたいで、小さすぎて表情が肉眼で確認できません。笑

どのくらい小さいかと言うと、このくらい。

もはやゴミみたいですね。笑
RIOさんの使ってるOLIMPAS TG-1にはスーパーマクロモードが付いてるので、それでなんとか1、2枚撮影できたのでよかったですが、写真を撮ったらすぐに元気に泳ぎだしてしまいました。

前田の使ってるCanonS95では納得の1枚は全然撮影できませんね。
やっぱりマクロレンズ欲しいなぁ~。

それにしても、泳いでいる姿も超愛らしかったダンゴウオさん。

白瀬ではじめて見れたので、超テンション上がりまくりでしたー。

そんなダンゴウオ。

水深7mくらいのP2の砂地付近のこの海藻の上にちょこんと座っていました。

ただ、明るいライトがないと絶対に見つけられないので、みんなライトを持って探しに行きましょーね!!

きっと個体数は少ないわけじゃないと思うので、みんなで探せばもっと沢山可愛いダンゴウオの姿が見られる筈です。

因みに成体になった少し大きい赤い固体は、よくこの海藻についていますので、海藻も見逃さないようにしましょうね。

水が冷たくワカメの茂るこの季節に楽しみがひとつ増えました。

幼魚はそろそろ見れなくなくなるし、成魚も水温14~17℃くらいがお好きな様です。
みんな居なくなる前に早く見に来てね~♪

そして、今日はもうひとつちょっと珍しいヒメイカにも会えました。

成熟したメスで胴長2cm、オスは1.5cmほどにしかならない世界最小のイカなんです。

ワカメの裏で身をひそめていたところ、少し遊んでもらいました。

寿命はたった3ヶ月ほどで短命なのに加え、3~6月の水温の低くて海藻の茂る時期しか見れないので、これもまた貴重な生物ですね。

ワカメや海藻に張り付いていつので、この子も探してみて下さいね。

と、こんなレアな生物を一日で見れた絢ちゃんですが、、、

アメフラシに一番感動していました。。。。

もう少しでもっと大きなのに会えるよ~!!

また来てね~!!!