ごめんね、フクコ。

こんばんは。マエダサチコです。

さて、今日は夕方からプール講習でRIOさんはお店には居ません。

帰りは恐らく23時くらいになると思うので、ブログはマエサチが書いて帰ることにしました。

 

 

今日探し物をしていたら倉庫からこの子が出て来ました・・・

 

最近すっかり忘れ去られていたフクコ帽です。

ひっぱり出しました・・・。

ごめんね、フクコ。

 

 

 

と、言うことで今日は【ハリセンボン】について書くことにしましたっ!!

ハリセンボンは、「フグ目 ハリセンボン科」に属していて、マンボウと近い仲間であると覚えてください。

ウロコがが変化した長くて丈夫な棘が体の表面にたくさんあって、昔は数が多い事を1000で表していたので、

ハリセンボン(針千本)という名前が付きました。

でも、実際の棘の本数は多いのもでも500本に満たない程度です。

 

ハリセンボンにも色んな種類があって、10cm位のものから1mちかい大型種までいます。

20種類くらいが確認されていて、日本では主に4種類が生息しています。

今日はこの日本で見られるハリセンボンの4種類を紹介したいと思います。

 

①ハリセンボン(全長20cmぐらい)

体に小さな黒い斑点たくさんがあって、ヒレには斑点がありません。

ヒレは無色で黒目は緑や青であるのが特徴で、良く見るのはこの種です。

志賀島で観察されるのもこの種ですね。

 

②ヒトヅラハリセンボン(全長40cmぐらい)

普通のハリセンボンと似てるのですが、上から見ると茶色のブチ模様が白く緑取りさており、人の顔の様に見えます。

目の下にも白く縁取られた茶色い模様があります。ハリセンボンより大きくて沖縄でよく食用にされています。

③ネズミフグ(全長70cmぐらいの大型)

顔が四角っぽく、体や鰭に小さな黒い斑点が多く、大きくなると細身にります。

④イシガキフグ(全長35cmぐらい)

表情はネズミフグに似てるんですが、斑点が少なく棘が短いのが特徴で、

体を膨らませても、あんまり膨らみません。

ハリセンボンは胃に特殊な弁があり、海水を入れて体を膨らませて、棘を立たせて、

通常大きさの2倍くらいまで膨らむことができるんですが、それは自分の身に危険を感じた時だけです。

大量に一気に水を飲んでしまって、戻せなくなってしまい、死んでしまうこともあるそうなので、

あんまり驚かさない様にしましょうね☆