5/10 がっつり福岡の海をファンダイビング

朝、店に行くと、プレゼントが置いてありました。

お酢

ふーサンタから体をいたわる贈り物。

お酢(クエン酸)で体力回復です。

お手紙とうちわ付きで気力も倍増。

ありがとう。

 

快晴、ベタ凪、でも一人。

それでも、荒れ女セナコングからしたら、最高のコンディション。

水面 志賀島

 

ほんとはスタッフ一人でいいんですが、スタッフ二人。

自撮り ダイバー

店長はこのあと、グリーン軍団に用事があるのです。

 

というわけで、セナコングが道案内係。

白マスク GULL

セナコングはフードなしが似合います。

 

途中、クロウシノシタに遭遇。ここP2。

クロウシノシタ

 

シマウシノシタにも遭遇。まだP2。

シマウシノシタ

 

ヨロイメバルに遭遇。P3の途中。

ヨロイメバル

 

ホタテウミヘビに遭遇。P3の手前の砂地。

ホタテウミヘビ

 

クロコソデウミウシに遭遇。P3のブイの下。

クロコソデウミウシ

 

デカデカダンゴウオに遭遇。P3のメイン岩。

ダンゴウオ

 

帰りに海藻に絡まる。P2。

海藻 ダイバー

というわけで、1ダイブ65分終了。水温18.5℃で全く寒くない。

 

疲れたので、お酢をいただきます。

お酢 ダイバー

 

ホットな気温、生姜でさらに体をホットにした。

お酢

美味しいお酢をありがとう。ふーサンタ。

 

2本目もセナコングが道案内。

立岩方向へ行くと、

キヌハダウミウシの交接?共食い?

キヌハダウミウシ

交接の方にしておきましょう。

 

巨大ミヤコウミウシ

ミヤコウミウシ

 

ちょっとひっくり返してみた。

ミヤコウミウシ

露わ。

 

腹筋のような形でV字になったものに、起き上がれず、海藻に捕まって体制を戻しました。

ミヤコウミウシ

 

イカ玉瀬に行く途中、レントゲンオトシゴが砂地で徘徊中。

タツノオトシゴ

 

キョトン顔。

タツノオトシゴ

 

途中、セナコングが右にずれたので、店長が修正した。

イカ玉瀬

 

そして、イカ玉瀬。

イカ玉瀬

透明度よろし。

 

僕の好きなマンリョウウミウシ。イカ玉瀬の岩。

マンリョウウミウシ

 

イカ玉瀬にはミヤコウミウシだらけでしたが、そんなことより、エアーが残り少ないので、店長のエアーをおすそ分けしてもらった。

オクトパス アクアラング

やはり伝説のレギュレーターレジェンド。吸いやすさが違う。

 

元気いっぱい潜ったら、辛めんちゃんぽんの「激辛」をちぇい!!

ちゃんぽんシャワー ちぇい

 

帰りに用事(お兄にWIIFINEのスマホハウジングとミカさんのマスクとドライのインナーと和菓子と請求書を届ける)にGREEEENへ。

WIIFINE スマホハウジング

 

設定に戸惑うも、お兄はすでに80%使いこなしていました。

WIIFINE スマホハウジング

 

そんな感じで、今日の1日は終了。

 

感想:2ダイブはあっという間すぎる。物足りない。(お酢のおかげかな)

 

RIO