12/23 冬の青海島 湾奥

みなさんこんばんわ。

DMのショーです。

今日のブログは、昨日の青海島のことです。

やってきました湾側のポイント「紫津浦」

雨と風が吹き荒れるなかの集合写真。

突然強風が吹くのはこの青海島の特徴なんでしょうか。

まだコンバットが初心者だったころ、大変な目にあった日のことを思い出しました。

エントリーすると直ぐに深くなるのがこの紫津浦。

浅いところは魚が群れてます。

水深20mまであっという間。

見渡す限り砂地が広がっていて、鉄骨が下の方まで続いております。

深場に行って戻ってくるのがここの基本的なプラン。

湾になっていて浮上しても危険もないので、自分たちで潜水計画を立てて潜る練習にぴったり。

この日もみんなそれぞれバディダイビングで潜ってきました。

ただ、砂泥のような砂地なので、着底やフィンワークに気を配らないとあっという間に視界0

出したての糞のようなカレイ

僕と大将さんはミジンベニハゼ狙い。


水深17付近にかなりの個体数が居ました。

辰ノ口とは違って比較的浅い場所に居るので、ここぞとばかりに写真を撮る大将さん。

広大な砂地でポツンと写真を撮り続ける事20分。

渾身の一枚が撮れたんじゃないでしょうか。

ひとつの生物に狙いを絞るダイビングもなかなか乙です。

そしてこの日一番の出来事はこのクサウオに出会えたこと!

探しても探しても見つからなくて、諦めかけたときに出てきてくれたので喜びもひとしおでした。

想像以上に大きかった。

この寒い時期にだけ、産卵の為ダイビングで観察できる水深にやってくるそうです。

今ここには水深20m付近に3個体ほどいるとのこと。

ほとばしる深海魚感。

凄いインパクトのある魚でした。

そんな感じで青海島楽しんできましたーー。

初めて潜ったけど予想以上に面白かった。

冬場にまた潜りに行くそうなので楽しみです。

季節によって見ることのできる生物が全然違うので、別の時期にも行ってみたいですね。

それではまた明日!