ガラ・ルファ

こんにちは!篠原さおりです。

梅雨に入って、今日もにわか雨という中途半端なお天気。

水不足になったら困るけど、やっぱりカラッと晴れてほしいものですね~。

お天気の話とは全然関係ないですが、わたくし最近初めてドクターフィッシュ体験をしました。

ドクターフィッシュとはなんぞや?と思われた方はこれを見たら分かるかな。

そーです、ヒトのカサカサした角質を食べてくれる魚です。

上の写真は私の足なんですが(笑)、最初は思ったよりそっけない感じでグイグイ来てくれませんでした。

写真で見ても、食いついている魚が少ないのが分かりますよねー。

もうちょっと囲まれたいー!と言っていたら、お客さんがいったん減った誰も居ない別の水槽に移動させてくれました。

そちらの魚たちは飢えていたのか、グイグイ来てくれて大満足しました(笑)

時間も、「あと五分追加しとっちゃる!」と大サービス。

おかげで足は綺麗になりました!!

ちなみに通称ドクターフィッシュと呼ばれているこの魚、コイ科の魚ガラ・ルファといいます。

もともとは西アジアの河川域に生息する淡水魚で、通常は河川や池沼に生息してるんですが、

トルコの温泉などにも生息していて、他の生物が少ない場所の為温泉に入っているヒトの角質を食べちゃうそうなんです。

エサの少ない場所では角質がご馳走なんですなー。

でもこんなにいっぱいこられたら、、、怖いね。

あ、これは私じゃないですよー。

ちなみに志賀島にもいるゴンズイもヒトの角質をついばむ習性があるらしいです。

でも毒刺があるからゴンズイはダメ。試しちゃダメですよー。

キレイになって大満足だったのですが、そのあとリスザルにケンカを売られました。

可愛いから許すけど。。。