サンライズフィッシング倶楽部IN平戸

さわでぃーかっぷ。

RIOかっぷ。

今日は昨日の釣りの疲れであんまりやる気が起きない。

そういうわけで、昨日のフィッシング倶楽部の様子です。

昨日の倶楽部員はRIO、マエサチ、みほこ、そして部長佐々氏。

部長はついにトレーラー牽引型のボートを手に入れ、
どこでも釣りにいけるようになりました。

これで倶楽部活動の幅がグッと広がり、おもしろくなってきましたね。
まずは船降ろし作業。

手馴れた様子で降ろす部長。
海の男ですな。

わずか5分ほどで海の上にプカプカ。

船の名前はハンマーヘッド。定員5名。
釣り用の小型船としてはデザイン、機能、経済性に優れた
高速走行も可能なアングラーのためにあるような船。
4名くらいならダイビングもいけます。

船長は部長の佐々っぽ。

がんがん海の上を突き進んでいきます。

10分ほどでポイント到着

かと島、生月島付近で釣ります。

初めてのみほこは道具の使い方や、タイラバのレクチャー

大物釣れるかな。

すると、タイゲット!!

15センチに満たないのでリリース。
主婦みほこはあれくらいが煮つけとが美味しくていいのに~と
持って帰りたそうにしていましたが、釣りでは小さい魚は
逃がすという暗黙のルール。
今度は大きいの釣ろうね。

マエサチはなんと30センチのミノカサゴゲット

とげがあるので触らず、そのままリリース。
ミノカサゴってタイラバで釣れるのね。

佐々部長は黙々とカサゴを釣っていきます。

大きいカサゴは買ったら高いよね。
カサゴ美味しいけど釣りたいのはタイとブリとカンパチとヒラマサ。
ジギングで攻めてみるも、あたり無し。

魚探の反応はいいのにね。

だんだんカサゴオンリーになってきた船内。
それでも、みんな楽しく釣ります。
特に楽しそうだったのは船釣り初挑戦のみほこ。
楽しい人に魚は寄ってくるもので、この日最大カサゴゲット!

軍手がいいね。
海女さん風で。

そして、またタイゲット!!

やったね!
33センチのマダイ。
これはリリースせずに持って帰れるね。

潮が悪くなってきたので、いろんな場所を探り探り釣るものの
あんまり釣果が伸びず、、、。

その後、無人島の磯に渡って休憩したり、きれいなビーチでシロギス釣り
したり、堤防からサビキ釣りしたりと海を満喫。

午後4時で納竿となりました。

まだまだ時間も早いので佐々部長が魚の下処理。

釣りって疲れて帰ってきて、魚捌くのが超大変。
しかも、捌き方分からない魚も釣れたりするので、
ネット見ながら大苦戦。
佐々部長はまな板とナイフひとつでどんな魚もパパッと
捌いてくれます。
これぞ、アングラー!

あとは持って帰って明日にでも食べればOK!
ありがとう佐々っぽ!!

そんな佐々っぽは潮が満ちるまで船があげれないということで
居残り。ごめんよ。
僕らは3時間かけて福岡に戻ります。
夜中の2時に福岡を出ているので、ほとんど徹夜での釣り。
大体そうなるのが常ですが、やっぱり疲れますね。
でも、この船どこでも持っていけるので今度は玄界灘で
ヒラマサ狙うことも可能です。
次回も楽しみです。

というわけで、今日はこの辺で。

それではまた。