ミナミホタテウミヘビ

こんにちは。 フク子です!!

定着するまで頻繁に登場しますよ…

ぎょぎょぎょぎょぎょ~っっっ!!!

 

今日はお馴染みの「ミナミホタテウミヘビ」について紹介します!!

この子、ウミヘビと名前ですが、は虫類ではなくウナギ目ウミヘビ科に属するれっきとした魚で、鱧とかアナゴとかの仲間。

ウミヘビは肺呼吸で、時々空気を吸いに水面に顔を出すんですが、この子は魚類でえら呼吸をしているので、

もちろん水面に顔を出すことはありません。 基本的に砂に潜っています。

彼らは肉食で、死んだ魚や甲殻類なんかも食べていますが、

夜行性なので、昼間は寝てるか、顔だけだしてこんな感じで外の様子を伺っています。

そーこの子。

結構見ますよね。

あまりかわいくないけど、すばしっこくて、つかみだそうとしても失敗します(笑)

 

この子、自分でおしりから器用に砂の中に入っていきます。

ナイトダイビングで泳ぐ姿や、潜る姿をぜひとも観察してみて下さい。

昼の警戒心はどこへやら。

夜はダイバーに警戒しません。 砂に隠れもせず、攻撃もしませんので、結構じっくり行動を観察できます。

さて!この「ミナミホタテウミヘビ」。

図鑑で見たことのある人ならお分かりかと思いますが、

よく似た「ホタテウミへビ」が図鑑の同じページに載ってます。

この浅海砂底域に生息するミナミホタテウミヘビ。

ホタテウミヘビの南方種なんですけど、両者の違いは外見からでは区別できず、歯の形や骨の数で区別するらしい。

「は?じゃぁ、サンライズイントラやガイドは食ったのか!?」

「食って歯や骨の数を数えたのか!?」

とかは愚問です。