1ヶ月の長さ

こんにちは

RIOだよ

今日はフリーコラム

1ヶ月の時間の長さって、人それぞれ流れている時間が違うので
感じるスピードが違うんだけど、僕的にはもう4月くらいの感じ

要するになが~~~く感じる
1日が。

タイにいた頃は、海がなんも入ってないときは、器材整理や整備したり、
掃除したり、受付したり、みんなとお話ししたり、9時から18時までいても
あっという間だった
その後、ビーチ走ったり、飲みいったり、買い物いったり、ジムいったりと
夢のような時間が流れていた

なので、1ヶ月が10日間くらいの感じで過ぎていた

このままいくと、あっという間にじじいになってしまうと思って
若いうちにやってみたいことやろうと思い、福岡に帰ってきて
起業してみたものの、今度は時間が幼稚園児に戻ってしまった

起業してこの5年間
感覚的に10年はやったような気分
浦島太郎の逆バージョン

このままいくと、残りの人生あと40年くらいと見積もっても
80年は生きないといけない計算になる

それはいかん

どうしたらいいんだろう

時間は4次元の世界にいくと、1時間が1秒にもなってしまうともいわれるが
この世界は3次元
僕が時間があっという間にすぎてしまう出来事は何をしていても特にない
となると、日本という場所がそうさせるんだろうか

わからない

ひとついいことは、昔は寝るのが惜しかったけど、今では寝るのが
超幸せなことだ

時間とは関係ないが、
寝るのが実は一番幸せな瞬間ではないかと思う

寝るのが幸せになるには、今この瞬間が充実してないと
そうならないと考えれば、時間が遅いこともまあ許せる

みんなにはサンライズにきたら、4次元感覚を体感できるように
これからもがんばっていこう

今日はこのへんで

明日はレスキュープール講習だよ

ではでは