イソギンポ科の可愛いやつ

こんにちは 篠原さおりです。

先日の柏島ツアーのブログは見ごたえがありましたねー!!

レアなジャパニーズピグミーシーホースや、キラキラ輝くキビナゴの大群までたくさんの魚種がいて大満足なツアーだったようです☆

中でも、ワタシが完全に心を持っていかれたのはこの写真!

モンツキカエルウオ。

ワタシ的にびっくりするほど可愛かったのです。

眼に海のブルーが反射してとてもキレイ。

ダイビング雑誌などでも良く取り上げられる人気のお魚ですね。

スズキ目・イソギンポ科で、志賀島の人気者、トウシマコケギンポともお仲間です。

体全体はこんな感じ↓↓

穴に隠れている部分がけっこうあるのね。

いつもの可愛いモンツキカエルウオは白い体にオレンジの斑点が特徴的ですが、恋の季節になると体色が変わります。

他の魚のように派手な婚姻色になるのか!?と思いきや、

モンツキカエルウオの雄は黒くなるのです。

しかも、いつもは穴の中でじっとしていますが、この時ばかりは勇気をふりしぼって穴の外の世界へと飛び出すのです。

そして、20cmぐらいのジャンプをして雌へのアピールをするのです。

なんか応援したくなりますね!

でも、外へ飛び出すのはやはりとても勇気がいるようで、かなり周りに注意を払って、安全をしっかり確認してからでないと飛び出さない・・・。

なので、ダイビング中に近くで見るのはかなり難しいようですね。

遠くから応援しましょう(笑)

モンツキカエルウオの他にも、イソギンポ科には可愛いのがいますよ。

例えばこちら↓↓

フタイロカエルウオ。

体の後ろ半分が鮮やかなオレンジ色をしています。

こちらは穴に隠れないようなので、このキレイな体色がちゃんと見られますね。

次はこちら↓↓

イナセギンポといいます。

これまた、キレイな色をしていますねー。

でも可愛いのは口元ですよ。

ピンクのリップを塗ったようなセクシーな口元なのですよ。

この写真でイナセギンポのファンが増えたかな??

お次はこちら↓↓

体の側面に碁石のような規則正しい黒い斑点模様がありますね。

そうです、ゴイシギンポです。

そのままですね。

顔も愛嬌があってとてもかわいい顔をしています。

これはコアなファンが増えるかも・・・??

最後はこちら↓↓

さて、名前はなんでしょう??

特徴があるところがありますよねー。

その通り!「テングヘビギンポ」です。

わかったかな??

天狗のような突起がありますね。

体は半透明な体に白と赤の模様がはいっていてとてもキレイです。

キレイで優しげな天狗さんですね。

他にもうなぎのように長い体をしたウナギギンポや、海藻に擬態したハタタテギンポなど、面白いのがたくさんいました。

同じイソギンポ科でも色々ですね!

みんな顔がかわいいので、見つけたらじっくり観察してね!