8/29 志賀島で記念50ダイブ(小夏丸)


サンライズの子たちは
皆黒い

そして、サンライズ好き

そんなサンライズ好きの中でも、
異例の速さで出世した
小夏丸がなんと4ヶ月ちょっとで
50ダイブ記念でした。

早すぎて、やばい

愛してやまない「アメフラシ」と
もう愛してない「なぎなた」が
あしらわれています。

まあまあ似てる

YEAH!!

小夏丸は、コンデジ衆トップクラスの
写真センスで、すでに何枚か入賞していますが
それも海とアメフラシとサンライズのみんなを
愛しているからで、

2011年以降、発見情報がなかった
「ニシキツバメガイ」を綺麗に
納めてくれました。

かなり、レアなウミウシだと
聞いております。

他には、名前がわからないウミウシや

不思議な生き物たちと、

戯れたと聞いております。

なんとなく想像ができますね。

これからも、明るく元気にサンライズの
中核を担う存在でいてくださいね。

おめでとう小夏丸!!

そして、いつもありがとう。

そんな楽しい50ダイブ記念の裏では
真夏の体験ダイブ講習が行われておりました。

どっちがお客さん役かわかりません。

これで何となくわかります。

仲良しのまいちゃんに
一生懸命、楽しませためぐでしたが、

いつもは行ける
P8に連れていってあげることが
出来ませんでした。

違う人と潜ったり、
やることが変わったりすると、
いつものように出来なくなることは
よくあることです。

プロはどんな時でも一定の水準で
行えることが、プロたる所以ですので、
当たり前のことを当たり前にやれるよう
頑張ってください。

再三申しておりますが、
海の中は「集中力」が鍵になります。

そして、好きこそものの上手なれと
言われるように、好きであれば
いつの間にか上手くなっているものですので、
ぼちぼちやるのが、結果的に上手くいく
ように思います。

ぼちぼちじゃない小夏丸の
100ダイブは年内??

RIO