自己責任。

こんにちは。

何日か前から鼻水が出だしたので、風邪薬を服用していました。

昨日から喉がイガイガしてきたので、明日の海に備えて、

今日出勤前に耳鼻咽喉科でお薬を塗ってもらってシューってやつをしてもらいに行きました。

お医者さんにその旨を伝え、喉と鼻を診てもらいました。

『花粉症のお薬と、抗生物質と喉の炎症を抑える薬を出しておきましょう』との事。

ん? 花粉症?

実は去年の春先、異常に目頭が痒くてRIOさんに相談したことがあったんです。

そしたら、『花粉症よ』って言われたんですが、鼻水も出ないし、くしゃみも出ない。

そんな筈は無いと結膜炎とか目の病気を疑っていたのですが、その後、

症状は現れなくなったからと放置していた事実が頭をよぎりました。

いつかのTVでタモリが『花粉症って急になるよねー』みたいな事を言っていたことも頭をよぎりました。

ほっほぉー。

花粉症ですか。

と、今日から正式な花粉症になりました、マエダサチコです。

せっかくなので、ダイビングとの関係も含め少し調べてみました。

日本人の20%くらいが花粉症だそーです。

なので、まぁだいたい5人に1人は重い軽いはあるにせよ花粉症ということです。

これはダイビング人口よりもはるかに多いです(笑)

むりからで申し訳ないのですが、今日は

【花粉症でもダイビングできますか?】【花粉症の薬を飲んでてもダイビングできますか?】

のご質問に返答したいと思います!! (笑)

鼻がムズムズして、くしゃみが止まらない。眼がかゆくなったり、涙が止まらない、咳や頭痛など症状は様々です。

どんなに重い症状でも問題なく潜れる方もいるし、軽症でも全く耳が抜けず潜れない方もいます。

人によっては海の中は花粉が飛ばないので楽だと言ったり、花粉が飛んでいない奄美や沖縄などに行くと、

症状が和らいで問題なく潜れたと言う人もいるから、絶対にこうだ!という答えがありません。

しかし、点鼻薬などの薬を使わなければ耳抜きが出来ないという時は、ダイビングをしない方がいいです。

潜行する際に普通に耳抜きが出来ても、水中で効果が薄れると、浮上時に耳管が開放できず、

中耳腔の空気が出ないと耳の圧迫感や痛みを起こし、耳やサイナスのリバースブロックやスクイーズ起こし、

痛みで浮上が出来なくなったり、めまいを起こしたりするので、点鼻薬をしてのダイビングは禁止されています。

薬の服用に関して言えば、市販されているほとんどのアレルギー性鼻炎治療薬は、ダイビング時の

使用禁止成分が入っています。耳鼻科などで処方されるアレルギー治療薬で、

陸上で少しも眠気を感じないものであれば、ダイビング時に使用しても大丈夫ですが、

処方される時にダイビングをしても問題ないのか否か、必ず医師に確認をとる必要があります。

しかし、その場合、大体の医師がNOと答えます。。。

ので、ダイビングのお得意のやーつ。 自己責任ってやつになります。(笑)

自己責任で無理せず快適にダイビングを楽しみましょうということですね♪