貸切恋の浦ダイブ

こんにちは。
RIOでございます。

昨日は恋の浦へもぐりにいってきました。
朝は曇ってあいにくの天気。
でも、着いてセッティングするころには晴れてきました。

海は穏やかでとっても気持ちのいい季節。

沖のほうには海藻のじゅうたんが見えますね。
藻だらけになるのであそこは避けて泳がないといけません。

今日は見渡す限り僕と井上君だけで貸切ダイビング

貸切だからいいというわけではありませんが独り占めの気分。

沖のほうまで泳いで行って潜行開始

透明度は志賀島よりもすいぶんいいです。
ワカメも沖の方にはあまり生えていません。

水温も15度まであがっており色んな魚と出会えました。
シマウシノシタ

きれいな体色が目をひきました。

ヨウジウオ

擬態することなく砂地にじっとしてました。

井上君も無事OWのスキルも終わらせました。

余裕のポーズ

こんなきれいな海にのんびり貸切で潜れるのはドライあってこそ。
ドライに感謝です。

この水温がまだ上がりきっていない時期に潜るのが一番贅沢のような気がします。
陸はあったかく、水はひんやり。
日本でしか味わえない疲れないダイビングスタイル。

しかも、ドライに慣れたらもうウエットでは潜りたくなくなります。
だってウエットは皮膚呼吸しにくいから体にぶつぶつできるし着替えもめんどくさいし~
パッと着替えてゆっくり休憩したほうがいいし、
陸でのんびりしてるときもじわじわ寒くなって次のダイビング行くの嫌になったりと
意外にデメリットが多い、、、、。

メリットは動きやすいのと海水浴気分が味わえるくらいかな。

日本ではこのくらいの季節が1年中続いて、リゾート行ったらウエットで潜るが理想ですね。

そんな風にならないかと思う今日この頃でした。

それではまた明日。