柏島TOUR②

こんにちはRIOです。

かなり久しぶりにブログを書くので、なんか緊張しますね。

なんで今日は僕がブログを書くかと言うと、マエサチが忙しくて、僕が暇だということに
気がつく人は何人いるのでしょうか。

気がついた人はサンライズ通ですね。

久しぶりのブログ早く書きたい。

早く書きたい。

あ~早く書きたい。

書きたい~~。

最後にRG風に一言で終わってしまったら、なんと楽なブログであろうか。

ブログで一番大変なのは写真選びとその画像編集。

死ぬほどいっぱいある写真の数々から、いいやつを厳選するだけで、1時間はゆうに使い、
それから、編集したりさらにいいやつを選ぶことで30分。

そこから文章と画像を入れることで、1時間。

1日の1/3をブログに費やしていることもざらではありません。

(これは僕の場合でありマエサチやみほこはどうなのかは知りませんが)

つべこべ言わず本題を書けといいたいでしょう。

あ~つべこべ言いたい~~。

さあいよいよ本題

柏島TOUR2日目

今回お世話になったお店はシーエアーさん。

宿から車で5分。港まで歩いて1分という好立地。

そして、今回のガイドはこのおじさん。
釣り船の船頭もやっているこのおじさんは、高知弁丸出しブリーフィング。

「ここには、大きいサンゴがあるきに、この魚をしぃっちゅう人はみらんといかんぜよ!」

とまあこんな感じ。

そして着替えて桟橋を歩くこと1分。

桟橋に到着。


桟橋の下でもかなりきれい!!

ハリセンボンやらクマノミやら上から見えます。

さすが、サンゴの島 柏島。

そして、出航です。

1ダイブ目のポイントは後浜
港から5分で到着。
こんなに近くてほんとにきれいなの?と少々疑問系。

つべこべ言わずエントリーしてみると。

スワイマークマーク!(めっちゃきれい)

ここ柏島はこの時期が一番透明度があがり、魚もいっぱいだといわれてました。
うそじゃなかった。
ぶっちゃけ沖縄よりもきれいかも。

透明度30m!

生きたサンゴもいっぱい!!

まずは、地形を楽しみました。


泳いでいると、ツバメウオに遭遇。

そして、また地形を楽しみ

ハタタテハゼに遭遇。

このハゼ超かわいいので僕が大好きな魚。

スズメダイやハナダイ達も群れて、

穴の中にはトラウツボ

オルトマンワラエビ

とにかくいっぱい魚種が多すぎて、どこか探せば違った生物が見れ
全部書ききれないので、1本目はこの辺で終了。
お店に戻ってお昼ご飯です。

お店が広くてきれいで、海も見えてJAZZを聞きながらのランチ。

器材洗い場も干し場も充実。


なんかこのお店の宣伝みたいになってますね。

お昼ご飯の内容は、おかずはお弁当ですが、ごはんとお味噌汁はセルフであったかいのを
食べ放題。

腹いっぱいになれます。

2本目と3本目はまとめて書いちゃおう。

珍しいお魚を見にいこうということで、
色々見れました。


これは珍魚で有名な「カエルアンコウ」
25m付近で僕が見つけました。

よくみると、頭の上から釣竿みたいなの出してます。これで小魚を引き寄せてパクリするつもりです。

これをみたのは相さんとマエサチだけ。みんな他の魚に夢中です。
これも珍しいお魚「ハダカハオコゼ」

ペアでいました。
これは、15m付近かな。

写真とか撮ってたりすると、結構深いところにいるので、ダイブコンピューターの時間がいつの間にか
残り5分とかなってたりするので、深度を浅くしないといけません。

ひとりひとり潜る深度が違うので、ダイブコンピューターがないと安心して潜れません。

ふと水温をみると、26度。

福岡よりも3度高い。

黒潮効果か。

そして、またカエルアンコウ。

これは子供さん。

アンコウ祭りの2本目。
3本目は「クダゴンベ」

これも、よく写真家の人が撮ってますよね。
マエサチ撮影も上手に撮れてますね。

「ネジリンボウ」


フラッシュしてないので色が出てませんが、かわいいハゼ。

柏島は珍しいハゼがたくさんいることでも有名です。

このポイントで見られる珍しいホムラハゼ。見れたらホームラン級のハゼさんは
今回穴から出てきてくれませんでしたが、こんなハゼが潜んでいる
柏島はすごいポテンシャルが秘められています。

ホムラハゼはこんなハゼです。

僕は今回は超明るいライト(電池8本で1時間しかもたない)を持っていき魚を照らすと
細部までよく見えました。

このツアーで気がついたのですが、カメラ撮るよりこっちのほうが好きかも。
なんでかというと、魚のことが記憶に鮮明に残ります。

こんなダイビングもいいね。

「ヘラヤガラ」 別名トランペットフィッシュ

これも、よく見ると面白いお魚です。
みんな写真撮ったり、ビデオ撮ったり、バラバラ。

透明度いいから、それでもはぐれないからいいんですけどね。

珍しく相さんもはぐれませんでした(笑)

最後に

「ニシキウミウシ」

「ヒョウモンウミウシ」


なんかいっぱいいました。

お腹いっぱいの3ダイブ。

そして、夕暮れの柏島。

帰ったら、おばあちゃんのお家のような食卓で、お腹いっぱい食べるのです。

こんな生活いいな~。

お部屋もおばあちゃん家風。

こりゃぐっすり眠れること間違いなし。

民宿のすぐ前が港だから、今度は釣竿を持っていこうと思いながら、眠りにつくのでありました。