2016GW柏島TOUR 最終章

ハロー。

ちょっと久しぶりにブログ更新しています、マエダです。

今日はクリーンアップで志賀島赤瀬の海岸清掃をしてきました。

昨日の事も今日の事もお伝えしたいけど、今日は柏島のこと書きますよ。

3日間のツアーを4日に渡ってます。。。

しつこいけど今日で最後なのでじっくり読んでね。

読むのは数秒だけど、書くのは何時間もかかってますんでね。

出発からトラブル発生で、一時はどうなるかと思ったけど、

どうにもならない事なんてこの世にあるわけなくて、心配事の9割は起こらない。

なのに人は未来の事を悩んだり考えたりする。

どうしようもない過去の失敗を悔んだり考えたりする。

私は今を精一杯楽しめる方法をいつも選択していきたいと思ってます。

もちろん今回のツアーもそう。

てか、私だけじゃなくてきっとサンライズにはそういう人が集まってくるんだと最近思う。

今回も素敵すぎるメンバーと素敵すぎる海に潜ってきました!!

柏島最終日も晴天!!

どんだけ空気すうねん。

この日も透視度はイマイチでこんなもん。

でも、志賀島に潜り慣れてるみんなはこれで大満足で、すーいすい。

1本目は【後浜NO1】。

ハゼナンバーワンのポイントでもあり、

最近お目にかからなくなったという「ピカチュウ」を最後に見たエリアでもあって、

みんな期待値高しでエントリー。

特にコンバットはピカチュウ見たさで柏島来たと言っても過言ではないからね。

わたしも「ここで絶対コンバットにピカチュウ見せたるーー!」って久々にイントラ魂に火がつきました。笑

そしてエントリーしてすぐ、、、、

おったぁ~~~~~~~♡

かわいい。

コンバット大興奮!

このウミウシ、ポケモンのピカチュウに体色が似てるから「ピカチュウ」の愛称で呼ばれる様になったけど、

本名は「ウデフリツノザヤウミウシ」。

名前の通り2本の腕のような突起をフリフリ動かしながら歩くんですけど、その姿が超キュートなんです。

出逢えてホントよかった。

そんな幸先のいいスタートで、続いてはハゼエリアに。

上を通ったり近寄るとすぐに警戒心の強いハゼは巣穴に入ってしまうので、そーっと観察。

人気者のレアなヤシャハゼ。

ネジリンボウ。

ヒレが長くなったヒレナガネジリンボウ。

目にラインの入ったキツネメネジリンボウなどなど。

残念ながらリクエストのホムラやニチリンは見れなかったけど、十分十分。

みんなも見たかな?

ぞのみ見たー?

とりあえずカメラを向けるとローラポーズを決めてくれるセクシーぞのみでしたが、

後で確認すると見てなかった事が判明。

トミーはどうだろう?

ハゼェ~~???

見てなかった。。

大ちゃんはトラウツボに夢中。

なので、もちろん見てない。

ササショウはウミウシを食べるきれいなウミウシに夢中。

もちろんササショウも見てないよねぇ~。

しろやんは最初から例のごとく魚には特に興味なしおスタイル。

僕はハゼいいです。

さしさし棒で遊んでます。

と言わんばかり。

「あ、わたしも!」と、あずぅー。

「ハゼよりマンジュウヒトデがすきー。

これ食べれます?」って。

食べれねーよ!

DMショーくんは、世界一きれいな魚と言われるタテジマキンチャクダイの幼魚を世界一ヘタクソに撮って・・

もちろんハゼは見てない。

コンバットもピカチュウに舞い上がって見てないし、、、

あたし以外誰も見てないやん。

みんな超自由だけど、

それがサンライズスタイル。

最後はそのスタイルに合わせてくれて、サンゴ礁域で自由に遊んで安全停止。

こんな海にいつも潜れたらいいな~

と名残惜しくエキジット。

港で正座して約1名リバース。

ピカチュウで興奮しすぎたんかな・・・。

でもこれぐらいではコンバットはへこたれない。

柏島での最終ダイブはトミーの50本&MSD認定の記念ダイブ。

そんなダイブに参加しないわけはない。

酔い止め飲んで気合入れて潜るのだ。

トミーおめでとう!!

初日のナイトダイビングがなくなったから、もしかしてこのツアーで50本無理くね?

みたいに一時はなったけど、タフなみんなと無事に50本迎えられてほんとよかった。

いつもの通りフラッグを括り付けて、

モタモタと括りつけて、、

最終ダイブはマエダお気に入りの【後浜NO3.5】をリクエストしたものの、、、

先客があったんでお隣の【後浜NO4】にエントリー。

ここはサンゴとキンギョハナダイの美しすぎるエリア。

水深は浅くてマックス15mくらいかな。

キンギョハナダイがこんだけ群れると見とれてしまいます。

こういうエリアが大好きです。

みんなものんびりと自由に泳いだり、写真を撮ったり、生物探したりして楽しそうでございました。

トミーも楽しそう。

心に残るいい記念ダイブになってよかったね。

志賀島にも居るムラサキウミコチョウがここにも居た。

辰ノ口にも居るハナミノもここにも居た。

わんぱく小僧しろやんは私が貸したさしさし棒でいろんな物を変わらずつんつん。

てか、しろやんと翔くんはずっと私についてきてた。

なので一緒に色々見た。

からまるサビウツボさん。

カメさん。

そう!

カメさーーん!

カメさぁーーーーーん!

みんなで見たかったのに、逃げられてしまって、、、

全員でカメ見れなかったのがちょっと心残りだけど、しかたないね。

ウミウサギガイはみんなでじっくり観察。

子オオモンカエルアンコウも。

動かない生物はいいね。

じーっくり観察できるから。

最後には見たかったハナイカも見せてもらえた。

しかもペア!

コウイカの仲間で色がコロコロ変わるので、一瞬わかりづらいけど、

少し刺激を与えるときれいなハナイカらしき色彩に変わります。

毒を持ってますアピール。

持ってないけどね。

最後にカマスの群れをのんびり眺めて、柏島での楽しいダイビング6本が全て終了。

まだまだ名残惜しいけど、

またね~~~

お世話になったSEAAIRの皆様、

ありがとうございました!!

ダイビングの後は

潜った場所を一望できる【大堂山展望台】へ。

このあたりで一番高い山の山頂にあって、

この展望台からは360度見渡せて、柏島や沖ノ島、北側の海岸線も見渡せる絶景。

ここでササショウ先生とはお別れ。

いつも岡山からありがとうね!

映写会も岡山から来てくれるかな。

5月21日19:00サンライズで待っとくね。

ササショウと別れて、車とフェリーで移動すること約7時間。

ドライバーさん大変だけど、頑張ってくれました。

ツアーに参加してくれたみんなもいっぱい協力してくれまして、

ほんとに楽しい2泊3日のGW柏島ツアーとなりました。

ご参加のみなさま、遅くまでありがとうございました♡

休み明けに週末の海の様子をお伝えしますので、そちらもお楽しみに。

では、これから打ち上げいってきまーす。

ばいばーい。