志賀島金印マラソンの日。

こんにちは。マエダサチコです。

恐らく昨日は1年間で一番志賀島に人が来る日ではないでしょうか。

海水浴シーズンでさえこんなに海の家は繁盛してないです。

なにごとかと思えば・・

そう!昨日は【志賀島金印マラソン】の日。

やっぱり健康志向の現代、マラソン流行ってますねぇ~

去年は2000人ほどの参加者だったのが、今年は4000人近いランナーが参加されたらしいです。

それに引き換えスキューバダイビングは人気ないの・・・?

こんな晴天・ベタ凪の白瀬ですが、ノンダイバー!

ドライスーツ・シェルドライ・ウエットスーツと、各種スーツで快適に潜れるシーズンです。

ウエット寒くね?

って思ったんですが、それがこれだけ日差しが強ければ2ダイブ潜っても寒くないみたいでしたよ。

ぞのみは先日新調したシェルドライ初卸で、終始ご機嫌ダイビング。

『1・2・3・4アルソック♪』

CMに出てきそうな強そうなぞのみさん、シリンダーもいっぱい運んでくれてありがとう!

そんなぞのみでしたが、メインのセカンドステージの調子が悪くて昨日はオクトパスでダイビング。

メインのセカンドステージはみんな左出しなのに対して、オクトパスは右出しと左出しの人が居ます。
まぁどっちでもいいっちゃぁどっちでもいいんですが、サンライズでは全て右出しで統一しています。
BCのオクトパスポケットも最近のものは全て右側についていることで分かると思いますが、海外では殆どの国で右出しです。
右出しにしていると、メインのマウスピースがちぎれたり、何らかのトラブル時にオクトパスを自分で吸いやすいのがいいです。
バディにオクトパスを貸すことより、自分がオクトパスを使うことの方が実際多いですからね。
それに実際エア切れになりパニックに陥ったダイバーは、近くに居るダイバーがくわえているメインのセカンドステージを奪う傾向にあります。
そんな緊急事態でも、慌てずに自分は自分の右側に付いているオクトパスを吸えばいいので落ちついて対応できますね。
ただ、エア切れになったバディに与える時には、ちゃんと向かい合って上下逆に渡してしまわない様にだけ注意しなければなりませんけどね。

ウエットスーツで潜ったJK優ちゃん。

はじめは潜るの怖がっていたけど、、今では潜降もコンパスも超が付くほど上手くなりました。

やれば出来る子が多い。

優ちゃん来週はいよいよ認定、頑張ろうね。

宏さんは初のドライスーツでのダイビングにも関わらず落ち着いて魚の観察。

透視度はなかなか回復せず昨日も2メートルほどでしたが、、皆さんご参加ありがとうございました!!