こんにちはー。 マエダサチコです。

さて、昨日の恋の浦!!

ギリギリ志賀島も潜れたのですが、この3人の熱いご要望により、恋の浦に行く事になりました!!(笑)

アドバンス講習の上野さん・大前さん・大将さんです。

アドバンスダイバーは元気にウエットスーツで潜りますばい。

 

オープンウォーター講習の愛ちゃんは、はじめてのドライスーツ。

はじめての海でのダイビングだけど、素敵な笑顔を見せてくれました♪

方や・・

ダイブマスター候補生のミホリーナは・・

はじめてのマイドライスーツに悪戦苦闘で、超イヤヅラ。(笑)

それを眺める、リフレッシュコースに参加した山ちゃん。

と、いう陽気なメンバーでぽかぽかの恋の浦に潜って来ました!!

 

透明度は5mくらい。 水温は21度前後。

干潮で足場が悪かった事を除けば、なかなか良かったのではないでしょうか^^

愛ちゃんも上手に潜れて、

この日のスキル、全部Ok! マスククリアも頑張りましたね!!

 

アドバンスのフォト講習の上野さんと


大前さんも、

迷子にならず海の生物の写真をしっかり撮影できました!

 

上野さんが撮影した生物たちのベストショット3枚はこれ!

先ずはハオコゼ。

これ、どんな状況・・?

ハダカハオコゼは脱皮するので、もしやと思い、お店に戻り調べると、『ハオコゼ』も脱皮する魚である事が分かりました。

もしかしたら脱皮中の貴重な1枚かもしれませんね♪

そして、2枚目はカワハギ。

砂をフーフーしてご飯を探しているかわいい瞬間が撮れましたね。

そして最後は被写体の定番、ミノカサゴ。

泳ぎが下手でふわふわ漂い、全然逃げないので被写体としては最高の魚ですね。

大前さんのベストショット3枚も先ずはやっぱり、ミノカサゴ。

続いて、みんなにあまり注目されない地味なサビハゼ。

可愛く撮れました。

このサビハゼ。普段はじっくり観察されたり、写真を撮られたりすることは殆どなく、地味な魚なんですが、

ちょっと面白い生態を持っているのです。

海水温が12~14℃に落ち込み、南から来た魚の姿も消え、玄界灘の地元魚も元気がなく なる中、

サビハゼだけは至って元気で、雄は巣作り、求愛、闘争、卵保護と忙しくしていて、雌はたくさんの餌を食べ、

お腹を大きくし始めているんですよ。

話せば長くなるので、続きはまた水温がもっと下がった頃にお伝えするとします。(笑)

最後はマダコ。

岩の間に上手に隠れて身を潜めたマダコを激写してくれました。

写真も上手に撮れたお二人と、ナビゲーション成功の大将さんは無事にアドバンスダイバー認定となりました!!

おめでとうございます!! これからも色んな海に潜ってどんどんダイビングを満喫してくださーい!!