コケギンポ 。

サワディーカァ~~!!

昨日、ナイトダイビングがなくなったので、

たまたまお店に遊びに来てくれていた貴美ちゃんと弘樹さんと相さん良さんとRIOさんと一緒に

大名にあるタイ料理店『ラーンガンエーン』さんに行って来ました!!

超楽しくて、ご飯も美味しくて、むっちゃタイ王国に行きたくなりました♪

きっと陽気な国なんだろーなぁーと、来年のタイツアーが楽しみなマエダサチコです。

 

今日もしつこくギンポについて書きますばい。

今日は、

そーです。

ご察しの通り、

『コケギンポ』。

もーいい!?

いやいや…

お付き合いくださいm(__)m

この子は先日マエサチが撮影した『トウシマコケギンポ』ですが、

実は、マエサチは普通の『コケギンポ』と『トウシマコケギンポ』の区別がイマイチよくわからないのです。

図鑑やガイドブックを見ても、どーーも納得するような答えは得られないんです(笑)

コケギンポは頭頂部でなく、眼上に根元が束になったような枝上のモサモサが有り、

トウシマコケギンポは頭頂部にも眼上にも短い皮弁が有るそーですが・・・。

よく分からないんです。

どちらにもモサモサが目の上にある気がします。。。

まぁそれはどーでもいいですね。

皆さんもよく観察してみて下さい。

今日はギンポの流れで・・『コケギンポ』について書くことにしましたが・・、この子独特の特徴は特にありません。

いや、あるのかもしれませんが、存じ上げません。。。
名前の由来は頭の上のモサモサがコケの様だから、『コケギンポ』になったらしく、

岩穴などに棲み、甲殻類や藻類を食べています。

ギンポなので、はい。

昨日申し上げた通り、オスが子を守ります。

ギンポにしては大きくなる種らしく10cmを超えるものも多いらしいですが、

縄張り意識がこちらも強いので、あまり棲みかから出てきてくれません。

近寄ると威嚇しています。

いじめないで優しく観察して下さい。

ではまた明日。

クオリティー低いなぁ・・・

すみませんm(__)m