クマノミ2

ぎょぎょ!ぎょぎょぎょー!!

おさかな研究生の福子です。

お魚情報の時は今後この子が登場しますので、よろしくお願いしますm(__)m

 

さあ今日は!

一昨日に引き続き、クマノミについてまた書こうかなと思います。

なんでって、かわいいからです♪

 

 

辰ノ口で、クマノミをよく観察すると、同じ種のクマノミでも、その違いが発見出来るんですよ!

知ってました?

 

日本近海の温帯性海域のクマノミのオスの尾びれは、一般的に全体が黄色です。

ところが、中には中央が白く抜けたオスもたまに発見できます!

この色のクマノミは、沖縄などの亜熱帯地域によく観られタイプで、

きっと辰ノ口には黒潮や対馬海流に乗ってやってきたのでしょう♪

 

あ!因みにクマノミのメスは尾びれが白くて体が大きいです。

更に、幼魚を観察してみてもやっぱり、温帯性地域の幼魚は薄い黄色に対して、

中には尾びれ上部に白線が入ったものがいたりします。

多分、この白線が入ったものが、成魚になると中央が白く抜けるのではないかと思います。

 

 

以前は、この熱帯型の成魚はほとんど見られなかったらしいのですが、最近になって見られるようになったそう。

・・・という事は、

南の海から来た幼魚も越冬を繰り返しているという事ですね!

 

中には、一つのイソギンチャクに2つのタイプのクマノミの幼魚が混在している場合なんかもあって、

結構よくみるととても興味深いのです!

今まで「可愛い!!」だけで終わっていた人も、違いが解ってくると、更にダイビングも楽しくなっていくと思います。

見るダイビングでなくて、観るダイビングも楽しいですよ。

それに透明度が悪くてもさほど気になりませんし(笑)

しかししかし!

これからの時期、辰ノ口の透明度はどんどん上がります!

その分、若干水温は下がりますが、志賀島より2℃ほど常に水温は高く、魚もまだまだ多いです!!

年内はあと2回しか行かないよ。