クマムシ。

こんばんは。 マエダサチコです。

今日店内では、ダイブマスター講習で海はおやすみして、

夕方からからは今月末のマリンワールドパノラマ大水槽ダイビングのスキルチェック。

今日の参加者達はみんな久しぶりのダイビングなんで、うまくいくかちょっと心配な親心。

今日の様子はまた明日。

さて、今日は久しぶりに最近気になる生物について。

題名の通り【クマムシ】。

と、言っても

あったかいんだからぁ~

の方じゃなくて。

本物クマムシ。

大きさは0.5mmから1mm、虫眼鏡でやっと見られるぐらいの大きさで、コケなどに普通についてるやつ。

このクマムシが地球上で最強の生物だという説が気になる。

水がなくても10年は軽く生きられて、上は150℃、下は- 273℃の温度にも耐えられるて、

レンジでチンしても死ななくて、75000気圧のちょう高圧でも、強い放射線を当てても平気で、

10日間宇宙で真空にさらされても生きてるらしい。

なので、熱帯、極地方、深海の中まで、地球上のありとあらゆるところに住んでるらしい。

敵はなんだろう?

とか、最期が気になる。

詳しい事はまだよくわかっていないらしいけど、、、写真で見るとその容姿はちょい愛らしい。

海水にもいるからワタシも知らずに食べちゃってるのかな?

いつも潜っている海水には1ccに10万~100万細胞の微生物が入ってると言うから

たぶん食べてるんだろうけど、

これまでに海水の微生物達をこれまでに食べたんだろ・?

考えたくないね。

と、今日はこれで終了。

明日からは遂に後回しにしていた新しい図鑑作りにとりかかろ。

汚れもにおいも気になりすぎるので。笑

ではまた明日。