キュウセン

こんばんは。昨日の休み、姪っ子と鳥類センターではしゃぎすぎたせいか、疲れていますマエダサチコです。

オカメインコというインコが超かわいくて飼いたくなりました。

まぁそれはどーでもいいですね(笑)

今日はお察しの通り、キュウセン。

いわゆるベラについて書こうかなと思っています。

ダイバーにも釣り人にも人気のないベラにもたまにはスポットを当ててあげることにしました。

地味な魚が好きなマエサチでさえベラはあんまり好きではありませんが・・・(笑)

たまには付き合ってください(笑)

キュウセンは夜間には砂に潜って眠ています。

だから昼間うじょうじょしていたベラ、ナイトダイビングでは1匹も居ないでしょ?

それに、水温が低下すると春まで冬眠してしまいます。

だから棲息エリアには砂地はかかせないんです。

そういわれれば夏の暖かい時期しか見かけないな、と思い当たる方もいるでしょう!!

水温が高いエリアでは冬眠しなくて元気に活動してる子もいるんですが、志賀島で年中潜るぜ!!

的な方はキュウセンが冬眠して居ない時期や、冬眠から目覚めて現れる時期など、

季節の移り変わりを感じられますね~。

この機会にドライスーツはいかがです?(笑)

ははは。

 

 

それは冗談ですが、

キュウセン。

性転換する面白い魚だと知っていますか?

ベラには生まれつきのオスと、メスが性転換したオスがいます。

生まれつきのオスは小型でメスと同じ体色をしています。

はい、よく見るこの子です。

もはやもうメス・オスの区別がつきませんね。

はい、見た目での判別は不可能です。

 

 

それに引き換え、メスが性転換したオスは大型で、鮮やかな体色に変化するのです!!

これまたよく見るこの子です。

そー!! これですね!

たまに超デカイ奴とかいますよね!!

 

メスからオスへの最初の変化は胸のウロコです。

オスになったら黒斑になる部分の黒いウロコが2~3枚水色に縁取られ、

縁取りウロコが増えていくにしたがって中心の黒い線がぼやけて、オスになります。

そして、面白いことに!!

この性転換したオスと、生まれつきの小型のオスは、繁殖行動も違っているのです!!!

皆さん、たまにはキュウセンもかまってあげてね。

石でトントンするといっぱい寄ってくるとっても人懐っこくてかわいい魚なのだから!!

ウニが大好き!!