マスタースクーバダイバー(MSD)の考察。

サワディーカップ。
RIOカップ。

今日は梅雨だけど晴れてますね。
暑くも寒くもないいい日ですね。

さてさて
今日はマスタースクーバダイバーについて書きたいと思います。

PADIのライセンスの中でもアマチュア最高のランクに位置するMSD。

オープンウォーターを取ったダイバーは、まずはアドバンスを目指して継続していく
わけですが、なんでアドバンスが必要かというと自分の興味のある潜り方を
探したり、もっと深いダイビングをするためだったりと自分のダイビングスタイルを
探すためのアドバンスです。

アドバンスを取らずにダイビングを続ける方もいらっしゃいますが、潜る深さも制限され
楽しみ方もわからないのでガイドしてくれるインストラクターのガイディングに
頼ったダイビングになってしまいがち。

新たな感動も得られにくくなり、ダイビングの楽しさがよくわからなくなってやめてしまう方も
多いと思います。

なので、アドバンス講習では自分は何に興味があって海の中でどんな
経験をしたいのかをゆっくり考えながら受講することが重要です。

ただ資格を取るためにアドバンス講習受けるのであればオープンウォーターだけ
取る方とあまり変わりませんね。

なんとなく自分の興味のある潜り方が見つかったら、次はそれを極めていくこと。

そして、それをもっといろんな海で経験したいと思うようになること。

例えば、中性浮力を取ってふわふわするダイビングが好きだなと思ったら
近場の海で完璧にふわふわダイビングを練習して極めていきます。

近場の海でふわふわダイビングを練習して楽しさを満喫してこれ以上のものを味わいたいなと思ったら
そこでようやくふわふわダイビングをもっと気持ちよくしてくれる海で更にふわふわダイビングを極めていきます。

するとそこでもっとこうしたら更に気持ちよくふわふわダイビングがよくなるんではないかとか
こうしたらいいのではないかといった自分の中に何か生まれてくるはずです。

例えば、今度は深い海でドリフトダイビングがやってみたいとかドライスーツはもっと
ぴったりフィットが使いやすいとか、誰もいない海で静かに潜ってみたいとか。

要するにダイビングの楽しみ方は十人十色。色んな方と一緒に潜っていても感じ方や
見方は全く違ってきますね。

そして、自分の好きなダイビングを極めていくうちに是非取って欲しいのが
レスキューダイバーの資格。

レスキューっていうといかにも誰かを助けるイメージですが、実際には助ける場面には
ほとんど遭遇しませんww

どっちかというと自分の身を守るレスキューという目的が大きいと思います。

例えば、ふわふわダイビングの練習をしているときに波が高くなってきて何かトラブルが起こったら
どうしようということが頭をよぎったとします。

実際はたいしたことがないことでも心配しだすとどんどん不安になっていくもので
せっかくのふわふわダイビングに集中できなくなってしまいます。

自分のスキルが高くてもやっぱり知らないことが多いと潜在意識の不安が
勝ってくるものです。

そういうときにレスキューダイバーをもっているダイバーとそうでないダイバー
の精神的な差がでてくると思います。

もっと自分の好きなダイビングスタイルを追求しようと思ったら取得しておいて
損はないと思いますね。

レスキューまでもっているダイバーは少ないのでステイタスにもなりますね。

そして、いよいよPADI最高のステイタスMSDになってアマチュア最高のダイバーを
目指すわけですがこの時点でレスキューまで持っているので、経験本数50本以上潜っていれば
残りはSPを5つ取得すれば認定になります。

SPはアドバンスで行なった講習だと講習本数が減りますので、少ない本数で
5つ取れると思います。

このSP講習ではいつもと違ったダイビングをやってみようという感覚で
やってみるといいと思います。

視野が広がりもしかしたら更に新たな興味が見つかるかもしれません。

MSDになったダイバーは貪欲にダイビングを楽しみつくせる遊びのプロとして一目おかれるわけですね。

でも、MSDまで取らなくてもレスキューでも充分やんって思う方も
いるかもしれませんが、人間の心理としてここまで来たならどうせなら
MSDまでと思うものです。
(僕的にはMSDまで持っててようやく1人前だと思いますが)

MSDまで持っているとレスキューを取得したときと同様に自然と自信がついて
困っている初心者に教えたりするようになったりします。

人に教えると自分も勉強になるのでもっとダイビングが詳しくなっていきます。
知らないと恥ずかしいとか思うようになったりしますよね。

趣味としてここまで極めてくると仕事や人間関係においても一皮剥けて、人間が
大きくなってくるのではないかと思います。

ながーくダイビングを趣味として続けていこうと思ったらこのように
すこしづつのスキルアップと色んな興味を持ち続けていくこと。
(もちろんMSDを持っている方も同じです)

これに尽きるのではないでしょうか~。

そんなことを思いながら毎日潜っているわけですが、

ダイビングを通じてみなさんに色んな経験と楽しさを提供するのが私たちの仕事。

是非これからもダイビングを続けてもらって一緒に色んな感動を共有したいと思っております。

それでは。今日はこの辺で。

ジューカンマイカップ。