みんなで顔出す可愛いやつら

今日は夏日ですね~!

少し歩いただけで汗がでます。

こんにちは、篠原さおりです。

今日のサンライズは15名の大人数で白瀬のクリーンアップに行っています。

いつもお世話になっている白瀬なので、皆で汗だくになりながら綺麗にしてくれたと思います!

午後からは綺麗になった白瀬でダイビング!

いつもより気分良く潜れそうですね。

さて、今日はまた私の好きな魚について書いちゃおうと思います。

今日はこれ↓↓

にょろっと顔出す可愛い可愛いチンアナゴです。

チンアナゴは見た目の通り、ウナギ目、アナゴ亜目、アナゴ科に属する海水魚の一種です。

チンアナゴという名前の由来は、顔つきが日本犬の狆(チン)に似ているからだそう。

犬の狆はこれ↓↓

確かに目の大きさといい、口角の垂れ下がり具合といい結構似てますね!!

ちょっとチンアナゴの方がいかついかな?

砂に埋まって全身は見えないですが、全長40cm程度。

全身はこんな感じ↓↓

だいぶ砂に埋まってる部分が長いんですね。

流れの強い珊瑚礁の砂底に生息するので、飛び出た体がゆらゆら波に揺られます。

なぜあんなに無防備に飛び出しているのかというと、頭部を外に出して潮の流れに乗ってくる動物プランクトンを食べているからだそう。

ゆらゆら揺れながらお食事しているわけですね。

もちろん、敵が近づくと全身を穴にひっこませて隠れます。

ダイビングで観察するときも離れたところから静かーに観察しないと隠れてしまいます。

ちなみに新たな場所の砂に入る場合は、尾から体をくねらせるようにして穴を作りながら入って行くらしい。

うねうねと穴を掘るところ、ちょっと見てみたいですね(笑)

チンアナゴの体は灰白色で多数のブチ模様が特徴ですが、他の模様をしているものもいますよ。

たとえばこれ↓↓

手前の黄色いこちらはニシキアナゴという種類。

鮮やかな黄色のボーダーが可愛すぎますね!

他にもこんなのもいます↓↓

こちらの名前はゼブラアナゴ。

模様がまさしくゼブラ柄ですね!オシャレさんです。

チンアナゴやニシキアナゴは水族館でも見る事が出来ますよ。

近くだと犬顔も観察できるし、ひっこまないからゆらゆらしている姿もじっくり見られます。

たまにはこんなに近くで観察できる水族館もよいかもしれませんね♪

今日のクリーンアップの様子と、綺麗になった白瀬でのダイビングの様子はまた後日☆