ミノカサゴ2

こんにちは。マエダサチコです。

今日遂に!

来年1月の潜水士試験の申し込み書類を投函して来ました!!

試験日は来年1月26日です。

サンライズのダイバーからはなんと!

マエサチだけではなく、大田さん・榎本さん・宮野さんも受講します!

落ちたら一切公表しませんので暖かく見守ってください(笑)

さてさて!

今日は昨日の続きをサンライズのおさかな研究生、フクコがお伝えします。

おっと、今日は顔が出ましたね、そうこんな顔でした。

丸いですねぇ~

では。

昨日はミノカサゴ類の毒についてお勉強しましたが、今日はミノカサゴ類の違いについてお勉強!

魚は見るのではなく、観る事が大切です!

このミノカサゴ類。 カサゴ目フサカサゴ科の海水魚で実に400種類以上もいます。

その中でも今日は日本でよく見るほんの一部を勉強しましょう!

先ずは、いちばんよく会えるこの『ミノカサゴ』。

続いてよく見る『ハナミノカサゴ』。

暖かい南の海でよく見られる『ネッタイミノカサゴ』。

同じく南の海でよく見られる『キリンミノカサゴ』。

南の海に住んでいますが、あんまり人気のない『キミオコゼ』。

南の海に住んでいるレアな『ヒレボシミノカサゴ』。

伊豆などで観察されている『シマヒメヤマノカミ』。

大瀬崎などで観察されている『セトミノカサゴ』。

あ、もうやめよう(笑)

それぞれの特徴を紹介しようと思ったのですが、長くなりすぎるので、今日は1つだけ覚えてください。

『ミノカサゴ』と『ハナミノカサゴ』の見分け方!!

どちらも生息地も似ていて、ミノカサゴの仲間でも個体が大きいこの2種は、魚の中でやけに態度がでかく、

ふてぶてしいのが特徴で、見た目も似ています。

違いは3つ。

①角(?)の長さ。

②アゴの模様。

③尾びれの点々の有無です。

さあ!

明日、辰ノ口で観察しよう!!