ミヤコウミウシ

こんにちは! マエダサチコです。

今日はRIOさんと高さん2人で、外気温34℃水温22℃の志賀島は黒瀬に行って来ました!

高さんはデジカメのSPです。

長めのブリーフィング後、エントリー!!

今日は、デジカメSPだということを知っていたのではないかと思う程、被写体いっぱいだった様子。

高さん、SONYのサイバーショットを使って撮影。

ワタシはまだ見ていませんが、なんでもかなりキレイに撮れていたそーで、明日持ってきてくれるので、

明日アップしたいと思います。

今日はRIOさんのFUJIで撮影したのもです。

巨大シリーズいきます。

写真ではイマイチ分からないですが・・・RIOさん曰く、50cmくらいあったというヒラメ。

こちらは睡眠中のコウイカ。 これまた50cmくらいはあったそう。

そして、巨大なミヤコウミウシ。

通常ミヤコウミウシ、3cm~10cmくらいなんですが、コイツは20cmはくだりません。

このミヤコウミウシ春先から夏になると志賀島では頻繁に見ることが出来ます。

背中の突起が大きくてイボウミウシの仲間と間違えるかもしれないですが、二次鰓があることで区別ができます!

水中で見ると地味に見えるんですけど、写真で確認するとミヤコウミウシの特徴でもある色鮮やかなメタリックブルー

の点模様が確認することができます!また、このミヤコウミウシ、大きさや生息地域により模様のバリエーションが

多いウミウシなのです!!

マエサチは上と同じような柄しか見たことがないのですが、南方ではこんな柄のミヤコウミウシも確認されています!

同じ魚やウミウシでも生息地や成長過程で、色や形などが全然違ってたりするから、

ホント、覚えるのって難しい。。。。

でも、このミヤコウミウシ!メタリックブルーの特徴は変化しませんよね?

このメタリックブルーと、いろんな柄のものがいると知っていたら、どんなミヤコウミウシが現れても区別できます!

これと同じように、魚やウミウシなど海の生物も見分ける為のポイントをしっかりおさえれば実はそんなに

難しくないのかもしれませんよ~!!

「お魚の名前もっと覚えたーい!!」 と言う方は

サンライズのカリスマ魚博士による『魚の見分け方SP』なんてのもありますよ~♪