ミヤッチ撮影の写真たち。

こんにちは。 マエダサチコです。

今年は7月8日頃に梅雨が明けてから、ずっと猛暑が続いていますが皆さんお元気でしょうか?

バテる前に海に来てね♪

さて、昨日はサンライズ、晴天の辰ノ口でダイビングしてきましたー!

先ずはディープ講習の為、北口からのエントリー。

岩穴のウツボや、

砂地を歩くヒョウモンツバメガイを観察しながら、ディープポイントへ向かいます。

ちなみに、このヒョウモンツバメガイですが、

ミヤッチが撮るとこうなります。(笑)

昨日のミヤッチは、いつも以上にミラクルショット連発で、面白かったので何枚かご紹介。

キンチャクダイはこうなります。(笑)

ハナハゼはこんな感じ。(笑)

でもそんなミヤッチが昨日一番撮影していたのは、ブランちゃんのおしり。(笑)

 

水深25m地点でディープ講習。

硬いテニスボールも水圧でこんな姿になります。

でもミヤッチが狙っていたのは・・・

もちろんブランちゃんのおしり。

 

2本目は中央口からエントリー。

先月3個体観察できたカエルアンコウ、まだ居るかな~と向かってみることに。

すると、道中でハタタテダイ発見。

 

漁協の方たちがアオリイカの産卵床となる様に置いたイカ紫にはたくさんの魚たちと

 

見事にアオリイカの卵が付いています。

そして、お目当てのカエルアンコウの姿もーーー!!

昨日はこの黒い固体1個体だけしか居ませんでしたが、、、

エスカと呼ばれるピヨピヨっと動く疑似餌を出してお魚釣りをしておりましたー!

超かわいいです!!!

魚のくせに魚を釣るというこのカエルアンコウ。

全長は10センチほどのアンコウの仲間で、最大の特徴はやっぱり頭から生えた釣り竿のような棒ですねー。

先端には精巧な疑似餌がついています。

この疑似餌を、クネクネと動かすことで小魚をおびき寄せ、0.007秒という驚異のスピードで食らいつきます。

魚の中の釣り師、カエルアンコウの技とスピードはなんと!!

【最も早食いの魚】として、ギネスブックにも登録されているのです!!

こんな近くにギネス記録保持者がいるので、その動きをじっくり観察したいのが普通です。

花道さんもまじまじと観察。

ブランちゃんも大喜び♪

 

でも、ミヤッチはひとりブランちゃんのおしりを狙い、

そして、撮る。

ミヤッチはこんな感じで約200枚の写真を撮っていました。(笑)

あ、これもノンセンスで面白かった1枚。(笑)

うんんん・・・・。

 

まぁとにかく長崎辰ノ口、今回も楽しゅうございました☆

みなさん、ご参加ありがとうございました~!!