2013年潜り納め。

こんばんは。 マエダサチコです。

今年も明日で終わりですね。

サンライズはあと1時間ほどで年内の営業は終了です。

と、いう訳で、2013年最後のブログは、今年最後のダイビングとなったサンライズ初の淡水ダイビングの様子です!

透明度50メートル、水温18℃と言う甘い言葉につられてやってきたみんな。

潜り納めということもあったし、たくさんの方に参加していただきました。

ありがとうございます!!

が、しかし。

イメージとはちょっと違っていて、

潜る場所はここ。

結構住宅街の中でした。

熊本よかよかダイビングサービスの中野さんのガイドで早速潜ることに。

水温18℃は、玄界灘育ちの我々にはかなり温かいし、透明度50メートルも真実でしたが、

とにかく浅い!笑

ウグイや鮎などの淡水の魚も結構泳いでいるのですが、

とにかく浅い。笑

中野さんいわく、

何でも今年はこの『オオカナダモ』の発育が良すぎるらしいのです。

なので、最大水深2メートルきります。

浅すぎて物足りない方も居たかもしれませんが・・・

せっかくはるばる来たのだし、楽しまなくてはもったいないというのが、ワタシの考え。

探してみると小さなエビやカニがさわさわ歩いていたり、

蛍の大好物のキレイな水にしか生息しないカワニナという貝の仲間が居たり。

メバルに似た淡水魚も居ました。

「これはブルーギルに違いない」といとやんが言っていましたが、正解が分かりません。笑

他には、何年ぶりに見ただろう・・?

25年ぶりくらいかな。笑

アメリカザリガニも潜んでいました。

結構楽しいじゃん。

お隣には天然のプールもあり、

そこにも鮎が泳いでいます。

なんか変な風景でしたが、

淡水は髪がキシキシにならず、器材についた塩もきれいさっぱり抜けましたね。

体もさっぱりしたいので2ダイブ目は「ばってんの湯」につかり、

しっかり垢を落とし、熊本城を観光して帰りました。

天気が良かったので、阿蘇山もよく見え、美しい。

と、素敵な風景で今年のブログは終了です。

本年もダイブショップサンライズをご利用頂き、誠にありがとうございました!!

来るべき新しい年が皆様にとって幸多き一年になります様にお祈りしてきました。

では、来年もダイブショップサンライズをどうかご贔屓に宜しくお願い致します☆

みなさまよいお年をお迎え下さい。