2/22 志賀島でナビSP講習

腰の痛みは精神的なものであることを身をもって体験しました。

現在、腰の痛みが嘘のように消えております。

さて、今日は久しぶりに気合を入れて、直太朗にナビを教えたからでしょうか。

それとも、冷たい海でリフレッシュできたからでしょうか。

レチノールの副作用で顔が腫れておりますが、徐々に綺麗になってきております。(RIO側)

 

海は透明度もそこそこに直太朗は一生懸命に地図を描いて、地形を覚えておりました。

上から見た感じはRIOに見えます。

 

ワカメは少ないですが、P8のブイがカイメンで覆われてきました。

そろそろお掃除しないといけません。

ちなみに、今日でミニオンドライを卒業となりまして、次回からは岩ドライに衣替え。

新ドライは汚れるのは嫌だなと思いましたが、そもそも汚れている色ですので関係ありませんでした。

ブラウン×ホワイトが見た目に可愛くオシャレだったのですが、ブラウン×ブラックに変更しておりますのは、より岩と同化するためであります。

これにより汚れが気にならないだけでなく、水中でスムーズにいなくなることも可能となりましたので、僕と潜る際はコンパスが必須となるのは想像に容易いですよね。

当たり前ですが、油断は禁物です。

 

通常のPADIナビSPの講習では、実践的に使えることから、経験から導いた理論まで惜しげも無く教えておりますので、内容的には新人イントラ研修レベルの内容になっております。

サンライズの人たちの上達が早いのは、潜る本数が多いだけでないのです。

※たつぼうは、2018年の1年で150本と普通にやばいレベルで潜ってますが普通の会社員です。

「50本潜ったらイキリだす中性浮力とマスククリアしかわからないリゾート水中観光ダイバー」とは違った、ダイバー人生を歩んでくれることを楽しみにしております。

それはそうと、明日からの日南ツアーは男(おっさん多数)だけなので、男ならではの気兼ねのなさを楽しんできます。

ただ、腰の調子が不安なので、やはり運転はやめとこうと思います。

 

RIO