長崎に行ってきた昨日の楽しい一日。

こんにちは。 マエダサチコです。

雨の日は体が重たいのは加齢のせいなの・・?笑

いや、雨に限らず最近体が重くって困っています。

いい改善法をご存知の方居たら教えて下さい。

さて、昨日の長崎・辰ノ口のいちにち。

曇り空でしたが、気温は20℃ほどで快適でございました。

ドライスーツのインナーも春仕様でちょうどいい季節!

と、思いきや、、、、

ウエットスーツのダイバー発見!

カネヤン、約半年振りのダイビングにウエットスーツで登場しました。

でもまぁ水温も辰ノ口なら18℃もあるし、超がつくほど暑がりなカネヤンなら大丈夫かな。

アドバンス講習の小原くんもはじめての辰ノ口にノリノリ。

水深27mまでがっつり泳いだけど、キレイな海でディープ講習も魚の見分け方も楽しめたようでよかったです。

ファンダイブチームものんびり海を満喫。

むちゃくちゃ魚もいました。

キビナゴ・イワシ・スズメダイ・メジナの群れがすごいすごい。

それを狙ってマトウダイの姿も見られました。

体の真ん中に的がついてるこのマトウダイ。
本来は水深70~200mの150mくらいに多く生息してるんですが水温の低い時期だけはこんなふうに浅瀬で観察できるレアな美味しいお魚です。
いや、嬉しいですね。

普通種のキタマクラもわりとかわいいよ。

辰ノ口では一番多く目にするフグの仲間でおちゃめな瞳が美しいと思うんですけど、たくさんいるせいかダイバーにはあんまり人気がありません。
美味しくないので釣り人にも人気がありません。かわいそうに。笑
食べたら死ぬからキタマクラなんて言われているけど、実はそんなに毒性は強くないんです。
皮膚に毒が強く、一緒に水槽に入った別の魚がその毒で死んでしまうことからキタマクラって名前になったとかならないとか。
釣り人がこの魚を海に放り投げると、必ず北を向いて落ちるからキタマクラと言われる説もあったりなかったりします。

こちらはほんのりかわいい顔の刺毒魚。ウルマカサゴ。

コチラの方が随分毒性が強いので気をつけましょうね。

そして、昨日は久々のレア魚に会えました。

辰ノ口で会うのは約1年ぶりになりますカエルアンコウ!!!

暫く観察していましたが、微塵も動きません。笑

なかなかいいサイズで10cmくらいはありましたね。

水深も深くないので、じっくり見れてありがたいありがたい。

ありがたき幸せ。

胸鰭でしっかり体を固定して、流されない様に踏ん張る姿が超かわいい私も大好きな魚です。

ポケットに入れて持って帰りたいくらい。笑

そして、最後は辰ノ口ではじめて見れた「モンダルマガレイ」の姿も。

大きい個体だと40cm以上にもに達する大型種で、熱帯の海では珍しい魚ではないのですが、辰ノ口で見られると思っていなかったので、超びっくり。
泳ぐ姿はヒラヒラしててちょっとでっぱった目玉も左右別々に動いて、ユーモラスキュートでかわいい魚なんですよねー。
サンライズチームは見ていませんが、昨日は他にもレアなマツカサウオやハナイカ。
オトヒメエビ・オルトマンワラエビなども観察できたそうで、つきづくここ長崎辰ノ口の海のクオリティーの高さに驚かされましたね。
と、ダイビングを満喫したサンライズ一行。

久しぶりに2番パターンで長崎中華街にやって来ました!!

どどん!中華街!

どどん!中華丼!

どどん!ビール!

どどん!カメ!

こちらは子供の頃私が飼っていたミシシッピアカミミガメでございました。

どどんシリーズは終わりです。

お土産を買ったり、買い食いしたり、中華街を満喫した我々はパンダ帽子買って帰りました。

どどん!ぱんだ。

この2番パターンだと、18:00過ぎには天神に帰れるしいいね。

このパターンも時々実施しよっと。

では、また明日ねー