こんにちは。マエダサチコです。

今日は本来日帰り沖ノ島ボートダイビングの予定だったのですが・・・

残念ながら中止になってしまい、キャンセルも増えたものの少人数で辰ノ口に行く予定にしていたのですが・・・

本日早朝、辰の口斥候隊からの連絡で、台風の影響でうねりが入って、まず講習厳しそうな海況だとのこと。
ファンダイブならギリギリいけるレベルみたいでしたが、西側や湾内の浅場は、ウネリで砂が巻き上がっていることが予想される状態で、透明度も期待できません。
しかも今日は大潮で、深場も流れが強いことが予想されるので、泣く泣く中止の判断を致しました。

そんなこんなで今日は志賀島か恋の浦しか潜れません。

自然には勝てない我々小さい人間なのでありましたが、志賀島のカマスやアジの群れもそろそろ見納めになりそーだし、ホームグランドでゆったり潜るのもいいかと。

今日は志賀島でダイビング。

ちなみに本日火曜日ですが、祝日の為、お店は通常営業しています。

私は夜の学科講習までのんびりしていますので天神に来たら是非遊びにおいでませ。

では日曜日の志賀島白瀬の様子をお届けします。

今年は志賀島に来るダイバーが少なくてこの日も日曜日だというのにガラガラでちょっとラッキーな気分。

オープンウォーター講習の3名とファンダイブの2名と一緒に楽しんできました。

前日は陸上が寒かったんですが、この日は気温も高く天気も良かったのでウエットスーツが快適でしたね。

海の中は相変わらず濁っていますが、魚は多い状態が続いていますよ。

カマス見飽きた?

いや、飽きないよ。

まだ見てない人はこれ、絶対見たがいいので見に来てくんさい。

ミノカサゴや

オヤビッチャもおるよ。

そして、海底にはウニがいっぱいなんですが、

このウニが今、志賀島漁業関係者、海女さん達の間で問題になってるそうです。

大量に発生したウニを捕ってみると、身はスカスカで、色がくすんいて、味も悪いので商品にはならないそうです。

海藻の茂る志賀島の海。【海中林】と呼ぶんですが、海中林には食物が豊富にあり、様々な生き物がそこに住み着き、稚魚が成長する揺りかごとなる大切な場所なんですが、大量発生しているこのウニはこの海中林の海藻を食べつくしてしまって、海藻が少なくなり稚魚も育たずに、魚も減り、増えすぎたウニは身が少ない栄養不足の状態だそう。
そこで、海女さん達は率先してウニの駆除をしているそうですが、息を止めて潜るのではやっぱり限界があるので、【福岡地区スキューバダイビング安全対策協議会】で志賀島に大量発生しているウニの駆除を依頼されているそうです。

とは言えまだ全然動いていないのが現状みたいですが。。。

実際に水中でウニを割ってみると、ウニの身は少ないのが分かります。

それでもベラにはご馳走なので、すごい勢いで襲い掛かってきました。

そしてばくばく食べる。

暫くウニを砕いて餌付けを楽しみながらウニの駆除もしようかと。

そーすることにより今度はベラが大量発生しないといいんですが・・・。

とにかく自然豊かなこの玄界灘の海がいつまでも続くことを願うばかりです。

さて。

前回のダイビングでは怖くて潜れなかった優ちゃんもこの日は普通に2ダイブで80分ちゃんと潜ってスキルも完了。

パチパチパチパチ。おー!!

よく頑張りましたが、、、写真は無の顔。

楽しくなかったかな?

そんなはずない。

笑って欲しくてもう一枚撮りましたが、、

やっぱり無の顔。

でもまぁ潜れたからよしとしよう。

次回も頑張ろうね!!

そんな様子を見守る仲良しヨシヨシ親子。

いつもサポートありがとうございます。

そして、この日はサンライズから無事に豊かな玄界灘育ちの2名のオープンウォーターダイバー誕生となりました。

竜人さん、おめでとうございます!!

宏さんもおめでとうございます!!

2人とも次はアドバンス取得してどんどんスキルアップして色んな海に潜りましょうね~~♪

皆様、ご参加ありがとうございました。

また来てねん。