台風前の穏やかな白瀬。

こんにちは。マエダサチコです。

一昨日は台風前の穏やかな白瀬に行ってきましたー。

恵美さんのフォト講習とナビゲーション講習!!

連日の雨のせいで海の中は濁り気味。

前日の小呂島はあんなに澄んでたのに、ここ白瀬の透明度は2~3mくらい・・・。

透明度がよければ群れももっときれいに見えたのですが・・・こんな日があるのも当然のこと。

自然相手なので、きれいな日もあれば汚い日もあるし。

荒れてる日もあれば荒れてない日もあるし。

水が冷たい日があればそうじゃない日もあるし。

それが自然。

その自然に人間が手を加えると、どんどんおかしくなってくもんですから。

自然の中で遊ばせてもらっているんで、どんな状況でも感謝してその時を楽しまないといけない気がしますね。

それができない人はプールで遊ぶ方が合っているのかもしれませんね。笑

さて、そんな濁った海で楽しんでくれた恵美さんは、ベラに邪魔されながら写真を撮ったり、

苦手なコンパスもなんだかんだ言いつつしっかりこなしました。

全て一発。

しかもかなりのハイスピードで目的地まで到達ー!

そのお陰で少し遊ぶ時間が多かったので、生物も色々観察できました。

ミドリアメフラシ。海藻をむしゃむしゃ。

ウミウシもどきヒラムシ。

かわいいコブダイの幼魚は濁った水中でも一際目を引きますね。

そして、ちょっと久々に白バージョンのタツノオトシゴにも会えて超ラッキー♪

何時間でも眺めていられそうなくらいかわいい姿にうっとり。

が、見れば見るほど気になるのがタツノオトシゴの擬態軟骨。

この擬態軟骨は水槽飼育では生えてこないし、擬態軟骨のあるタツノオトシゴを水槽飼育にすると、衰退してなくなっていくそうです。

遺伝的なものでもないらしくて、詳しい事はわかってないそうで・・・とにかく不思議でなりませんね。

でも、そんなことよりも初めてタツノオトシゴに出会えた恵美さんは、その可愛さに驚きを隠せないようでしたね~

そんな恵美さんが撮ったベストショットはこの3枚になりました。

シラユキモドキ。

シラユキモドキとかシラユキウミウシとか、シラヒメウミウシとか間際らしい名前のウミウシさん。

かわいく撮れましたね。

続いては岩に挟まったかわいいカサゴ。

この写真、カサゴの面白い表情が撮れましたね。

岩につかまりながら頑張って撮った甲斐がありました。

最後は好奇心旺盛なアミメハギ。

これも面白い写真ですね。

普段からカメラ好きの恵美さん、これからは水中写真もどんどんチャレンジしてくださいね~♪

では、また明日~