俺は口だけの男ではないBYわくお

さわでぃーかっぷ

RIOかっぷ。

男って見栄や虚勢を張ってしまう生き物。

ちょっと出来たことがなんでも出来てしまったり、
大口をたたいて後にひけなくなってしまったり。

そんな男が一人いたんですよ~~

な~に~

やっちまったな~~

その男はわっくんことわくお。

DM講習真っ最中のその男は400M泳げるようになったと
いっていたが、前回は75Mでリタイア。
まあ以前は15Mしか泳げなかったので
それでも進歩なのだが。

何度もこれは何かの間違いだ。
僕は400M泳げるんですと
ずっと無意味な言い訳を繰り返した。

その後もグダグダに終わってしまったプールでの出来事。

あれから、数ヶ月。

リベンジのときがきた。

400Mを泳ぐためだけにやってきたわくお

1日をそれに費やす

やってきたときにはすでに泳いできたというわくお

400Mなど楽に泳いできたらしい。

それでは見せてもらおう。

スタートはクロールで飛び出し、
25Mターンすると、平泳ぎにチェンジ。

そして、またクロールと泳ぎ方を変えながら
記録を伸ばしていくスタイル。

このままいけるかとおもいきや、75Mでストップ。

もう一回いいっすか!!(汗)

うんいいよ。

すぐ、再スタート。

同じようにクロールと平泳ぎを交互に使っておよぐ
わくお。

そして、また75Mでストップ。
おかしいおかしいと首をひねるわくお。

これはやばい。

と僕は思った。

このまま行くと、また泳げなくて
全てが無駄になると。

一回、プールからあげて話しを聞くと、

どうやら本人もよくわかんないらしい。

よく聞いてみると、
苦しくなって、泳げなくなると。

自分でプレッシャーをかけてしまうわくお。

17時にまで終わらせたいと思ってますとか、
今日出来なかったら、僕に迷惑をかけてしまうとか、

わくおはまじめで、プレッシャーに弱いのだ。

僕はまずは落ち着かせることに専念した。

17時までに終わらせなくてもいいことや、
とりあえず、練習と思ってすること。
リラックスすること。
もっと自分に優しくすること。

これが意外にむずかしい。

自分に優しく。

自分を認めてあげること。

この
余裕がないと、何事もパフォーマンスはあがらないと思う。

心にも体にもスペースが必要であるということは
誰しもわかっているのだが。

そして、
スタート。

僕は、スタートしてすぐ移動した。
視線に入らないところに。

どきどきしながらみていたが、
順調に泳いで全て泳ぎきった。

タイムは14分。

すごい。

ほんとに泳ぎきった。

喜ぶわくお。

しかも、ちょうど17時に終了。

まだ時間があるから一緒に泳ぐことに。

緊張が解けたのか、のびのび泳ぐわくお。

これなら、もう一回泳げそうだ。

もう一度やってみたいというので、
もう一回やってみると、なぜか快調に
飛ばしていく。

完泳。

タイムは12分。

2分縮めた。

すごい。

これで証明できた。

俺は口だけじゃねぇ

祝の肉を食らってくれい!!

残りのDM講習も残り半分きったので、
このまま一気に終わりまでがんばってください。

でも、プレッシャーはかけないよ。

明日の海はDMみやっちのファンダイブガイド。
マエサチもファンダイブ。

僕はお留守番。

がんばれみやっち。

がっつり、見られるよ。

それではまた明日。