夏の小呂島ダイブ!

さわでぃーかっぷ。

RIOかっぷ。

明日くらいから台風ですね。

しかも、最近、毎日ように雨降ってますが、ニュースで梅雨に戻ったよって
言ってもらった方が気持ちもおさまりやすくなりそうです。

でも、今日は学科で明日はプール。

室内であれば関係ないので、ダイビングも室内でできるように
なってくれたら、ダイビングショップもストレス減るのではないかと
思いますが、そんなの楽しくないですね。

8/6の水曜日も雨予報。
雨降りの中、ボートで移動するの寒そうだなと思っていたら、
船が出ててからめっちゃ晴れ!
小呂島方面は降水確率の中に入ってなかったようで。

1時間で
暑い堤防に到着。

気温は30℃余裕で超えてましたが、どうやら海水温は23℃あれば
いいとのこと。

この時期23℃って異常です。
今まで一度もなかったような気がします。
ちなみに志賀島でも24℃。
離島だからっていうことも関係ないようで、
温暖化で海水温上昇説はどこにいった?
CO2が温暖化の元凶だと散々ニュースで聞かされてきたけど
もしかして、、、、。

そんなこと知ってか知らずかぞのみはドライでダイブ。
僕もドライでよかった。

でも、船の上が暑いのでこのときはウエットでよかった。

入った瞬間ひんやり感。

ぞのみドライ快適。

でも、ぞのみちゃんドライ半分着たまま暑いからってシャワー浴びたら
だめだよ。
みんなびっくりするから。

1本目のポイントは大きな波止のそばからいきなり20Mの底へ。
斜面に魚びっしり。

スズメダイやクロホシイシモチ

群れをかきわけ、斜面をかけあがる

ソフトコーラルきれい

透明度はまあまあで15Mくらいは見えてました。
雨のあとにしては全然いいです。

かけあがって波止の真下まできた。

水深7M。
ここで昔釣りしてたけど、こんな風になってるなんてね。

懐かしみながら、ちょっと休憩

仙田さんはバブルリングで遊ぶ。

波止で釣りしてて、こんな泡があがってきたらびっくりするだろうな。

シマイサキの群れもいっぱい入ってきた。

安全停止して終了

小呂島の波止でじっくり体を暖め2ダイブ目。
島の裏側に行きたかったのですが、海女さんとの
関係で先ほどのポイントのすぐそばでエントリー。

いきなり26M。
海底に根にグルグル魚達。

小魚を追って、ミノカサゴもうろうろ。

コロダイもうろうろ。

ハコフグもうろうろ。

でも、やっぱりシマイサキがきれい。

また斜面をかけあがっていくとテトラが
目の前にどーん。

隙間があいていて、トンネルになってた。

通っていくとまたテトラ。

どこに目をやっても群れ。

フィンをつかまれて、安全停止。


楽しかった。

帰っていく途中、福岡はくもり空。

潜ったら、ログカードもらえます。
小呂島バージョン。

みんな日帰りボート潜りにきてね。

今年は残り3回だよ。

それではまた明日。