Ownedメディアについて

ホームページを改定してから、以前に比べ、グーグルアナリティクスをチェックする回数が増えています。

グーグルアナリティクスとは、サイトがどのくらいの人に、どこから見られて、どんな端末で、どのようにサイトを見て回り、何分見ているのかなどを、細かくチェックできるグーグル無料のサービスです。

サイト運営をしている方なら、アナリティクスを参考に、サイトの内容や営業方法の改善などを行うのは当たり前のことなのですが、以前は年に1度くらいしか見ていませんでした。

見方がわかりにくし、興味がありませんでした。

しかし、今年からWEBコンサルタントの方に詳しい見方を教えてもらうようになり、頻繁に見るようになりました。

すると、このブログは、クリビツテンギョのイタオドロな数字(PV)を叩きだすまでに成長していました。

具体的な数字は申しませんが、企業サイトのブログとしては異例だと思います。

それほど、いろんな方が読んでくれているのだと思うと感慨深いものです。

そして、大多数の見られていることを知りながら、あの小説を放り込んでいく意図は、「自分に飽きないための策」でもありますので、見たくない方はそっと立ち去りましょう。

このブログは僕の年を取ってからの、お楽しみとして書いている部分もありますのでね。

楽しみで書いているとはいえ、サンライズのブログは、基本的に福岡長崎の海の最新の情報を頻繁に載せていますので、このブログを頼りに海の計画を立てる方もいらっしゃることでしょう。

惜しげも無く生物の場所も書いていますし、参考にする部分は大きいと思います。

どなたかが、これほどの海情報を載せてくれるブログを書いてくれたら、僕も毎日読むかもしれません。

しかし、今のところお気に入りに入れて読むまでのダイビングブログはありません。

そう実は、サンライズのブログは、80%ほど「メディア化」しているのです。

このように、自社のブログやサイトがメディア化されることを、「ownedメディア」と言います。

ownedメディアは、育てるのに時間がかかりますが、一旦育ってしまうと、ニッチな顧客を捕まえやすくなり、広告費の削減につながります。

また、普通の広告とは違い、自社のサービスに興味を持ってくれる人を集めやすくなるので、効率が良いのが特徴です。

もちろんSEOにも反映されますので、今どの企業もowendメディアを作ろうと必死です。

長年、趣味で書いていたブログが、時代に迎合してくれるようになるとは、ラッキーの一言ですよね。

 

僕は結構な活字マニアなので、著名な方の書籍、メルマガに限らず、素人のブログやコラムをも頻繁に拝読します。

文章を書くという作業は、どんなに面白いネタがあっても、頭を使いますし、精神的にも疲れます。

思いを言葉にして、文章に構成する技術や語彙力は、プロには勝てません。

しかし、アマチュアでも伝えたいことがしっかりあって、熱意があれば、読者は読んでくれると信じています。

文章は書けば書くほど上手くなるとは言われていますが、この程度の文章力にも関わらず、このブログにお付き合い頂きまして感謝の言葉しかありません。

これからも懲りずに、下手な横好き代表として、頑張って書きたいと思っております。

 

最後に、このブログを執筆するスタッフの方も、思い切って、熱すぎる熱意を書きなぐりましょう。

思いのたけをぶちまければ、PVも勝手に上がっていきます。

なぜなら、誰しも、誰かの頭の中をのぞいてみたいと思っているものですので。

反対に、頭の中をのぞけない、ためにならない、技術もない文章は誰しも読みたがりません。

 

RIO